泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」「矢場町駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事 | 「亀頭増大・強化術」で亀頭に注入される素材にはどんなものがある?

2022.07.25
「亀頭増大・強化術」で亀頭に注入される素材にはどんなものがある?

亀頭を大きく、たくましくすることができる「亀頭増大・強化術」。

 

包茎状態が続いていたために亀頭が発達せず、先細りのペニスとなってしまっている男性や、亀頭が敏感すぎることによる早漏に悩んでいる男性が満足できる性生活を送るために有効な方法です。

 

見た目が良くなるだけではなく、亀頭自体が大きくなり、カリ首が発達した状態になることで、セックスの際に女性に快感を与えやすくなるのも亀頭増大・強化術のメリットと言えます。

 

そんな亀頭増大・強化術の際には、亀頭を大きくするための素材を直接亀頭に注入する方法が取られます。

 

注入する素材にはさまざまな種類があるのですが、自分の身体に注入するものなのですから「一体どんな素材が使われているの?」と気になる人も多いでしょう。

 

そこで今回は、亀頭増大・強化術で使われる素材についてご紹介します。

 

避けるべき素材についてもご紹介しますので、クリニック選びの参考にしてください。

 

亀頭増大で使われる素材にはどんなものがある?

亀頭増大・強化術を受けて亀頭が大きくたくましくなったとしても、それが原因でトラブルが起こってしまったら悲劇でしかありません。

 

そのためほとんどのメンズクリニックでは、亀頭増大・強化術に使う素材には非常に気を遣っており、施術後のトラブルなどが起こらないようにしています。

 

では実際のところ、どのような素材が亀頭増大・強化術で使われていることが多いのでしょうか。

 

亀頭増大・強化術で使われる素材はヒアルロン酸が主流!

亀頭増大・強化術で使われる素材としては、ヒアルロン酸が主流となっています。

 

ヒアルロン酸とは、もともと人間の身体の中に存在しており、皮膚や軟骨、目の角膜などにあるゼリー状の物体です。

 

1グラムのヒアルロン酸で6リットルもの水を保持できる高い保水力を持っているのが、最大の特徴と言えるでしょう。

 

その特徴を活かし、医薬品や化粧品の素材として幅広く利用されています。

 

それだけに、身体の中に注入する素材としては安心感が高くなるでしょう。

 

ただし注入後、少しずつ体内に吸収されていってしまいますので、増大・強化した亀頭は時間が経つとだんだん小さくなっていってしまいます。

 

そのため、亀頭が小さくなってきたら定期的にヒアルロン酸の注入をしてもらわなければならない点には注意しましょう。

 

なぜ亀頭増大・強化術ではヒアルロン酸の注入が主流なのか?

数多くのクリニックで、亀頭増大・強化術用の素材として利用されているヒアルロン酸。

 

このヒアルロン酸の使用が主流となっているのには、複数の理由があります。

 

まずは「安全性の高さ」の点。

 

ヒアルロン酸はもともと人間の身体の中に存在しているものですから、亀頭増大・強化術で亀頭に注入したとしてもトラブルが起こる可能性が低くなります。

 

素材によっては注入することでアレルギー反応が起こることもありますので、そういった危険性を下げられるのは大きなメリットです。

 

そして「施術時間・ダウンタイムが短い」点。

 

亀頭に直接注入するので、メスなどを使う必要はなく施術時間は10分程度で終了します。

 

その後、注射による内出血などが起こる可能性はありますが、施術後3日程度でオナニーやセックスも可能になるため、このダウンタイムの短さも魅力です。

 

最後に「注入後の修正が容易」な点。

 

場合によっては、ヒアルロン酸を注入したあとの亀頭の形が気に入らない、などの可能性もあるでしょう。

 

ヒアルロン酸は分解酵素を注入することで溶かすことができるので、気に入らなかった場合は修正も可能です。

 

もちろん修正にはお金もかかりますので「ちょっと気に入らない」程度でおこなうのはオススメできませんが、どうしてもという場合に修正ができるのは安心できるでしょう。

 

コラーゲンや脂肪注入などの方法もアリ

ヒアルロン酸以外で亀頭増大・強化術の素材として使われるものには、コラーゲンや患者の身体から採取した脂肪などもあります。

 

脂肪は言うまでもありませんが、コラーゲンもヒアルロン酸と同じくもともと人間の身体の中に存在している素材です。

 

そういった点から安全性の高さが認められ、使用されることが多いのですが、これらも時間が経つとだんだん体内に吸収されていってしまう点には注意が必要でしょう。

 

亀頭増大・強化術で避けるべき素材とは?

亀頭増大・強化術で使われる素材には、安全性などの面であまり推奨できない素材も少なくありません。

 

そういった「使用を避けるべき素材」についても紹介しますので、亀頭増大・強化術を受ける際の参考にしてください。

 

亀頭増大・強化術で「アクアミド」の使用は避けたい

まず亀頭増大・強化術での使用を避けたい素材として挙げられるのが「アクアミド」です。

 

アクアミドは、97%の水と3%の「ポリアクリルアミド」から成る素材で、体内に吸収されにくいため一度注入すると半永久的に亀頭増大・強化術の効果が得られます。

 

しかしアクアミドは安全性が確立されておらず、拒絶反応などが出る可能性があるため、万が一のことを考えると亀頭への注入は避けたほうが良いでしょう。

 

「バイオアルカミド」も亀頭に注入するのは避けたい素材

亀頭増大・強化術の素材として避けたいものには「バイオアルカミド」も存在します。

 

バイオアルカミドは、96%の「無発熱性水」という特殊な水と4%の「アミドイミドアルキル」から成る物質で、亀頭増大・強化術の素材としては固さがあるため、強化の効果が出やすい素材と言われています。

 

またこちらも体内に吸収されにくく、効果が半永久的に続くとされているのもメリットと考える人はいるでしょう。

 

ただしこのバイオアルカミドも安全性が確立されていない物質です。

 

また「発がん性がある」との疑いもあり、場合によっては注入してから年月が経つとボコボコの見た目になることがある、との問題もあって、もうすでに生産自体が終了している素材でもあります。

 

これらのことから、バイオアルカミドは亀頭増大・強化用の素材としては避けたい素材と言えるでしょう。

 

非吸収性の素材は亀頭増大・強化術用としてはオススメできない

全体的に考えて、非吸収性の素材は亀頭増大・強化術用としてはオススメできない、と言えるでしょう。

 

一度施術を受ければ効果が半永久的に続くのは、何度も同じ施術を受けたくない人にとってはメリットに考えられるかもしれません。

 

しかし非吸収性の素材は安全性の面で不安点が多く、また一度注入してしまうと問題が起こっても修正が難しい、という点もあります。

 

そういったことから、亀頭増大・強化術を受けるのであれば非吸収性の素材は避けるべき、と言えるでしょう。

 

「AMORE CLINIC」の亀頭増大・強化術はヒアルロン酸を使用していて安心!

亀頭増大・強化術に使われる素材にはさまざまなものがありますが、なかにはオススメできない素材があるのも事実です。

 

その点、名古屋市中区「栄」駅近くの「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」では、亀頭増大・強化術の素材としてヒアルロン酸を使用しているので、安心して施術を受けられます。

 

また使用しているヒアルロン酸も、持続時間などの特徴によって複数用意されているので、自分の好みに合ったものを選べる点がメリットと言えるでしょう。

 

亀頭増大・強化術を受けたいのであれば、ぜひ一度「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」にご相談ください。

 

●亀頭増大・強化術を受けたいならコチラをチェック!

« 亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約がお得
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る