泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME性病に関する記事 | パパ活をするときは「性病」に注意!感染しないコツもチェック!

2022.06.17
パパ活をするときは「性病」に注意!感染しないコツもチェック!

最近は「パパ活」が当然のようにおこなわれているようです。

 

女の子にとってはお小遣い稼ぎになりますし、また「お金を払ってでも、若い女の子と交流したい!」という男性の欲望も叶えてくれるわけですから、パパ活が流行するのもなんとなくわかります。

 

また月額料金で定期的に会える「パパ活契約」を交わすことで、わざわざ何回も出会いを探さずに済む点、男女共に安心して会える点なども、パパ活の流行に大きく影響している、と考えられるわけですね。

 

ところでパパ活は、前提としてはあくまでも「お茶や食事、デート」をすることです。

 

しかし現実問題として、お茶や食事だけでは終わらず「大人の関係」、つまり肉体関係になってしまうケースも多いとのこと。

 

お金を払って肉体関係を結ぶと、これは買売春となるため、本来は法律的に禁止されている行為です。

 

そしてそれ以上に大問題となっているのが、肉体関係を伴うパパ活によって、性病に感染する男女が増えている、という事実。

 

性病に感染してしまっては、せっかくの楽しいパパ活も台無しになってしまいますよね。

 

そこで今回は、パパ活で性病に感染する男女が増えている理由と、パパ活で性病に感染しないコツについて、ご紹介します。

 

パパ活は性病の宝庫って本当!?その理由は?

パパ活で性病に感染する男女が増えている、というのは、実は不思議なことだと思われているのはご存じでしょうか。

 

なぜならばパパ活とは、そもそも肉体関係を伴わない関係のことですから、性病に感染する可能性は皆無に近いはずです。

 

また万が一、肉体関係が生まれてしまったとしても、不特定多数ではなく決まった相手のみとの関係になりますので、性病に感染する可能性は低くなるはずなんですね。

 

それなのにパパ活で性病に感染する男女が増えている、ということは、パパ活をする男女の意識が低くなっていることの表れ、と言えるでしょう。

 

具体的には、次のような原因があります。

 

若い女の子の性病に関する意識が低くなっている

女の子は「パパ活相手だけと交流している」わけではありません。

 

別に彼氏がいるかもしれませんし、セックスフレンドがいる可能性もあるでしょう。

 

もしかしたら、ナンパされて一夜限りの関係、なんてセックスもたくさん経験しているかもしれませんね。

 

「コンドームをしていれば、性病には感染しないんでしょ?」と考えている女の子も多いのですが、セックスの最初からコンドームを着用していなければ性病予防に関しては無意味だ、とは知らない女の子が多いのも事実。

 

そのため、女の子が性病に感染し、それがパパにも……というケースが増えているわけです。

 

パパのほうも性病に関しては意識がゆるいケースが多い

もちろん、パパ活で性病に感染するケースが増えているのは、女の子の意識の問題だけではありません。

 

パパのほうも、きちんとした性病の知識を身につけないまま大人になった、という男性が多いのが事実です。

 

そもそも普通の知識と倫理観を持っていれば、パパ活で肉体関係になることなどありえない話です。

 

そこを気にせず、無防備にセックスをしてしまって性病に感染してしまい、さらにそれを奥さんにも二次感染させてしまう、という話も多く聞かれるんですよ。

 

奥さんが性病に感染したことが原因でパパ活していたことがバレてしまい、離婚につながる場合も……。

 

パパからのお小遣いが少なくなったため複数のパパと肉体関係を結ぶ女の子も増えた

パパ活は本来、経済力があるパパがひとりいれば、女の子にとって十分な収入となるような関係として成り立っていたものです。

 

しかし新型コロナウイルスの流行や不景気の影響もあり、女の子に毎月数十万円払ってくれるような、太っ腹なパパが少なくなってきた、という事実があります。

 

そのため、女の子としてはひとりではなくふたり、さらにそれ以上と、パパ活契約を結ぶパパの数を増やしている場合も多くなっているんです。

 

パパの数を増やせば当然収入は多くなるかもしれませんが、それだけに肉体関係によって性病に感染してしまうケースも増えます。

 

またパパのほうも、パパ活相場が低下したのにつけこんで、少ない金額で複数の女の子を相手にパパ活をしているような、モラルの低い男性が増えています。

 

「不特定多数とのセックスをしないで済む」という、パパ活のメリットはもはや失われてしまっているわけですね。

 

パパ活をしても性病に感染せずにすむコツは?

パパ活による性病のリスクが高まっている以上、性病に感染するのを防ぐ一番のコツは「パパ活をやめること」です。

 

とは言っても、そこでスパッとパパ活を止めるのも、難しいでしょう。

 

人間、一度楽しい時間を過ごしてしまったら、なかなかそこから逃れられなくなるものですからね。

 

そこで、パパ活を継続しながら性病に感染するのを防ぐコツについてご紹介します。

 

とにかくセックスをするならコンドームの着用を徹底する

「コンドームは避妊用」「挿入時に着用すれば、問題ない」と考えている人は男性にも女性にも多いのですが、その考え方は正しくありません。

 

性病防止用としてコンドームを着用するのであれば、セックスが始まる前から着用しておかなければ無意味なのです。

 

性病は挿入だけでなく、オーラルセックスや体液に触れるだけでも感染する可能性があります。

 

つまり挿入時以外にはコンドームを着用していない、というセックスをしていると、せっかくコンドームを着用していても性病予防としてはまったく無意味、ということになってしまうわけですね。

 

「コンドームは好きではない」という男性も多くいますし、女の子でもオーラルセックスの際のコンドームは「ゴムっぽくて苦手」なんて意見があります。

 

でも男女共に、性病感染を予防するならコンドームの正しい着用について知っておくべき、と言えるでしょう。

 

定期的にお互い性病検査を受ける

定期的に病院で性病検査を受けて、万が一感染が判明したらすぐに治療するべきです。

 

そうすれば自分の健康を守るだけではなく、家族などへの二次感染も防げます。

 

気を付けなければならないのが、どちらか片方だけが性病検査を受けたとしても無意味だ、という点。

 

せっかく自分が性病を治療しても、パパ活相手が性病に感染したままだったら、またその相手から感染してしまってせっかくの検査・治療が無意味になってしまいます。

 

できるだけ同じタイミングで性病検査に行き、検査結果が出るまでは肉体関係は控えるようにしましょう。

 

そういった意味で、複数の相手とパパ活をするのは、男女共にオススメできません。

 

自分がひとりだけ、と決めていても、相手が複数相手にパパ活していたら無意味なわけです。

 

お互いに「パパ活はひとりだけ」と約束できるような相手がいれば良いのですが、そうでなければ常に性病の危険はある、と考えましょう。

 

性病は関係なくそもそもパパ活で肉体関係を結ぶのは止めよう!

パパ活は性病の宝庫である、という以前に、そもそもパパ活で肉体関係を結ぶことを止めるべきです。

 

むしろ「性病に感染する」程度はまだマシであって、最悪の場合は警察の厄介になる、なんてことにもなりかねません。

 

もし過去のパパ活経験から「ひょっとしたら性病かも?」という疑いがあるなら、一度性病検査を受けるべきでしょう。

 

名古屋市中区「栄」駅近くの「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」では、各種性病検査が受けられます。

 

放置して悪化してしまう前に、ぜひしっかり検査を受けて、もし感染が判明したら治療を受けるようにしましょう!

 

« 性病に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る