泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事 | 早漏改善法のひとつ「亀頭冠焼灼法」とはどんな治療法?

2022.06.09
早漏改善法のひとつ「亀頭冠焼灼法」とはどんな治療法?

早漏を改善する方法には、さまざまな方法があります。

 

亀頭を大きくする「亀頭増強術」は早漏改善のひとつとしても有効とされていますし、また「包茎手術」も早漏改善に効果的、という文脈で説明されたりしますよね。

 

それだけ、早漏というものが男性にとって大きな悩みになっている、と言えるのかもしれません。

 

そんな早漏改善法のひとつとして「亀頭冠焼灼法」と呼ばれるものがあります。

 

しかしこの治療法の名前だけ見て、どんな治療法なのか判断できる男性はあまりいないのではないでしょうか。

 

「亀頭」と「焼」という文字があるので、なんとなく想像はつくかもしれませんが、ではそれがなぜ早漏の改善に役立つのかは、なかなかわからないかもしれませんね。

 

そこで今回は、早漏改善法のひとつ「亀頭冠焼灼法」についてどのような治療法なのかの説明と、そしてその不安点についての回答をおこなっていきます!

 

この記事をしっかり読んで、亀頭冠焼灼法についての理解を深めてくださいね。

 

「亀頭冠焼灼法」はどんな早漏改善法なの?

まずは亀頭冠焼灼法がどのような早漏改善法なのか、その詳細をご紹介します。

 

どんなに有効な治療法でも、その治療法についての情報が少なければ、あまり「受けたい」とは思えませんよね。

 

「亀頭冠焼灼法には興味があるけれど、なんとなくよくわからなくて怖い」という男性は、ぜひチェックしてみてください。

 

そもそも「亀頭冠」とは男性器のどの部分を示す言葉なの?

亀頭冠焼灼法を知るためには、まず「亀頭冠」が男性器のどの部分なのかを知る必要があります。

 

亀頭冠とは、亀頭と竿の間にあるくびれた部分のことで、通称「カリ首」と呼ばれる場所です。

 

第二次性徴によって発達する部分で、特に包茎ではない男性は竿と亀頭の間がはっきりとくびれていて、わかりやすい部分でしょう。

 

逆に包茎の男性、特に真性包茎やカントン包茎のように、手を使っても亀頭が露出できない男性の場合は、第二次性徴でも包皮が邪魔になって亀頭があまり発達せず、亀頭冠も発達していないことが多くなります。

 

男性器はかなり個人によって差がある部分と言えますが、そのなかでも特に個人差が大きい部分、と言えるでしょう。

 

亀頭冠焼灼法を受けると早漏を改善できる理由とは?

亀頭冠焼灼法とは、亀頭冠、つまりカリ首を高周波メスを使って焼灼する早漏改善法です。

 

亀頭は男性器のなかでも、刺激に敏感な部分ですが、その亀頭のなかでもカリ首はさらに刺激に敏感な部分と言われています。

 

しかもカリ首が発達していると、男性器のなかでも出っ張った部分になってしまいますので、挿入時などには一番刺激を受けてしまいます。

 

そのためカリ首が敏感すぎると、我慢できずにすぐ射精してしまう、なんてケースが考えられるわけですね。

 

そんな敏感すぎるカリ首を、高周波メスで焼灼すると、カリ首の皮が厚く固くなるので、刺激に対して強くなり、早漏が改善するのです。

 

早漏改善として亀頭冠焼灼法がオススメなのはどんな男性?

単純に早漏と言っても、その理由にはさまざまなものがあります。

 

精神的に性交渉に自信がないために、あせってしまって早漏になってしまう人もいます。

 

そういった男性は、亀頭冠が敏感なことよりも精神的なケアのほうが大事ですので、亀頭冠焼灼法を受けても早漏が改善するとは言い切れません(治療を受けたことが自信になって、早漏が改善する可能性はあります)。

 

また男性器が敏感なための早漏でも、亀頭冠ではなく「包皮小帯(裏スジ)」が敏感な男性もいますので、そういった男性は亀頭冠焼灼法よりも「包皮小帯切除法」の治療を受けたほうが、早漏改善につながるでしょう。

 

そのため亀頭冠焼灼法がオススメできるのは、亀頭冠が敏感なことが早漏の原因となっている男性です。

 

しっかりとメンズクリニックで話を聞いて、本当に自分が亀頭冠焼灼法を受けると良いのかどうかは冷静に判断するようにしましょう。

 

亀頭冠焼灼法で早漏改善したい男性が抱きがちな不安点とは?

亀頭冠焼灼法は、簡単に言えば「カリ首を高周波メスで焼く」という早漏改善法です。

 

こう言われると「なんか怖い……」と考えてしまう男性も多いのではないでしょうか。

 

ただでさえ敏感な亀頭冠を焼くわけですから、そう考えても仕方がない、と言えますね。

 

そこでそういった、亀頭冠焼灼法に対する不安感を少なくするために、多くの男性が抱きがちな不安点についてお答えしていきます。

 

亀頭冠焼灼法を受けても痛くないの?

まず心配になるのは「亀頭冠焼灼法での早漏改善は痛くないのか」という点でしょう。

 

敏感なカリ首を焼くのですから、イメージとしてはめちゃくちゃ痛そう、と考えてしまっても仕方がありませんよね。

 

もちろん、なにもせずに亀頭冠を焼灼すれば、痛いのは当たり前です。

 

しかしメンズクリニックで亀頭冠焼灼法をおこなう際は、きちんと局所麻酔で痛みを感じないようにしてくれます。

 

イメージとは違い、痛みを感じるようなこともありませんし、施術時間自体も10分~15分程度と短めなので、施術の途中で麻酔が切れてしまうような心配もありません。

 

亀頭冠焼灼法で早漏改善したことは他人にはバレない?

男性器の手術を受ける男性が気になる点として「手術を受けたことが他人にバレるのではないか」という部分があります。

 

包茎手術を受けたあとに傷跡が残ってしまって、温泉や銭湯に入れなくなってしまっただけではなく、女の子との性交渉も恥ずかしくてできなくなってしまう、なんてケースもゼロではありません。

 

その点、亀頭冠焼灼法は、切ったり縫ったりする治療法ではありませんので、傷跡が残って手術を受けたことがバレる、という心配はほとんどありません。

 

亀頭冠の皮膚は厚く固くはなりますが、そこまで分厚く、カチコチになるわけではありませんので、触られたとしてもバレることはないでしょう。

 

手術を受けたことがバレるのが心配な人には、オススメできる早漏改善方法と言えるでしょう。

 

亀頭冠焼灼法は包茎手術と一緒に受けられる?

亀頭冠焼灼法は、包茎手術と一緒に受けられます。

 

と言うか、亀頭冠焼灼法以外にも、亀頭増強術や長茎術、そして早漏改善法のひとつである「包皮小帯切除法」も、包茎手術と同時に受けられる治療です。

 

むしろ、包茎手術とそれらの治療を同時に受ければ、手術も一度に済ませられますし、回復のためのダウンタイムも同時に進みますので、オススメの方法とも言えます。

 

ただし包茎手術とその他の治療を同時に受けるかどうかは、しっかり考えてからのほうが良いでしょう。

 

特に亀頭冠焼灼法の場合、真性包茎やカントン包茎で亀頭冠がチェックできないと、早漏の原因が本当に亀頭冠の敏感さから来るものなのか、はっきりとは言えないことも考えられます。

 

もし早漏の原因が亀頭冠の敏感さから来るものではなかったとしたら、不要な手術を受けてしまった、なんてことにもなりかねません。

 

そういった場合はあせらず、しっかり包茎を治療してから早漏改善の方法を探ることをオススメします。

 

亀頭冠焼灼法で早漏改善をするなら「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」へ!

亀頭冠焼灼法は、イメージ的には怖い治療法と考えてしまいがちですが、実際には痛みもなく短時間でおこなえる治療法です。

 

傷跡が目立つこともなく、手術がバレることが心配な男性にもオススメできる方法だ、と言えるでしょう。

 

しかしもちろん、デリケートな亀頭冠への施術になりますから、確かな技術と丁寧な仕上がりを可能としてくれるメンズクリニックで受けることは前提条件です。

 

名古屋市中区、栄駅前の「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」は、さまざまな治療を確かな技術を持った院長が、丁寧におこなってくれるメンズクリニックです。

 

亀頭冠焼灼法で早漏改善を希望するのであれば、ぜひ一度「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」にご相談ください。

 

〇早漏改善に興味がある方はコチラをクリック!

« 亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る