泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOMEパイプカット・ED・シリコン挿入に関する記事 | ED治療には専門医とパートナー両方のサポートが不可欠です!

2021.10.04
ED治療には専門医とパートナー両方のサポートが不可欠です!

勃起不全が突然発症し、彼は苦しむあなたは、もしも股間にあるジュニア(男性器)が、ある日突然インポテンス(ED)を発症したならどうしますか?

 

 

「もう年も年だし、やむを得ないかな?」、そんな風に諦めがつくなら構いません。けれど、まだまだ現役であまたの女性とセックスを楽しみたい、そうあなたが考えるなら、急いで専門医の治療を受けることをオススメします。治療経験の豊富なドクターなら、必ずや、あなたのそのお悩みを解決してくれるからです。

 

 

これからご紹介するエピソードは、50代後半のある中年男性のお話です。彼の名前は片岡瑞穂。大手商社に勤める彼には、夏美という26歳になる愛人がいます。もともと三つ年下の妻明美とはこの数年セックスレスが続いており、瑞穂は30歳以上も年の離れた夏美と出会って以来、頻繁に逢瀬を重ねていたのです。そんな矢先に突如発生したのが、瑞穂のED。原因はいわゆる「やり過ぎ」です。

 

 

中年男が、専門医の治療と若いパートナーのサポートを受けながら、いかにEDを解決していこうとしたのか、その辛いエピソードをこれからあなたにご紹介いたします。

 

 

EDの原因はセックスのしすぎ

若い恋人との激しく切ない性行為

激しくセックスに燃えるカップルもともと夏美は、妻明美が勤務している会社の新入でした。プロジェクトリーダーを任されていた妻は、日々仕事に追われ、帰宅も遅く、長年連れ添ってきた瑞穂のことなどまるでほったらかし。気が付いてみれば、夫婦はすでに半年近くセックスレスが続いています。

 

 

ところが、もとより性欲旺盛な夫瑞穂は、それで我慢が出来るはずがありません。妻の目をかすめてはデリヘルやらソープやら、頻繁に風俗店を利用してセックスをエンジョイしていました。けれど、根っからコンドームを付けることが嫌いな彼は、もっぱら「ナマ派」です。そのおかげで、何度か性病に感染し、痛い思いも十分味わって来ました。「風俗嬢とのセックスにはリスクがありすぎる」、さすがに懲りた瑞穂は、素人娘のセフレが欲しくてたまりません。そんなある日、妻が自宅で開いた仕事の打ち合わせで、彼は夏美と巡り会ったのです。

 

 

夏美は、実の父親を中学生の頃亡くしており、今では母一人子ひとりで暮らしています。苦労して成長したのか、万事控えめで口数も少なく、それでいて華やかな笑顔が似合う、そんな26歳の夏美に瑞穂は一目惚れしてしまいます。何より彼を引きつけたのがその抜群のプロポーション。薄いブラウス越しに垣間見えるツンと上を向いた乳首と、艶めかしい年頃娘のお尻が、瑞穂の下半身に火を付けました。妻の目をかすめて、頻繁にメールのやりとりを交わすようになった二人は、出会ってふた月も経たない間に、ホテルで密会を楽しむ間柄になってしまったのです。

 

 

やり過ぎが祟り突然ED発症?

若いセフレはおしゃぶりが大好きこうなってしまったのも、夏美は多感な時期を母とふたりで過ごしたため、ちょうど父親と同年代の瑞穂に知らぬ間に心引かれたからでしょう。ましてや、直属の上司である明美の夫との秘めた情事に、異様な背徳感と興奮を覚えたのも事実。もともと内気で控えめだった夏美も、瑞穂と頻繁にセックスを重ねる間に、その抜群の性技に溺れてしまいます。全身を駆け巡るセックスの悦びにすっかり目覚め、若い夏美は彼の虜になってしまったようです。

 

 

また、余程体の相性が良かったのでしょう。二人は週末ごとに逢瀬を重ね、ひたすらセックスに耽ります。最初の頃は、食事を楽しんでからラブホに出かけていました。けれど、若い夏美はわずかな時間を惜しむように、愛人である瑞穂と交わりたくて仕方が無くなっていきます。終いに二人は、帰宅の遅い妻の目を盗むようにして、明美の留守宅でもしょっちゅう体を交えるようになっていきました。男性経験がほとんど無かったにも関わらず、彼女の女性器は、膣口の締まり具合といい、膣の奥行きといい、瑞穂の男性器にジャストフィット。さらに、やや内気な夏美は、学生時代に水泳部で鍛えた見事なスタイルを持ちながら、ほぼセックス経験は未経験。そんな奥手の彼女でも、瑞穂の鍛え上げられたセックステクニックに、すっかりメロメロになってしまったのです。

 

 

また、瑞穂は瑞穂で、性病感染の怖れも全く無く、感度抜群の夏美の張りのあるピチピチした体にたちまち溺れていきます。もちろん妊娠には最大限気を配りながら、毎回生ハメを楽しみます。そして、安全日には思う存分夏美の膣奥に体液を吐き出しました。若い彼女は、そんな瑞穂からありとあらゆる性テクニックを体に叩き込まれます。「オーラルセックス」の意味さえ知らなかった彼女が、大胆にも瑞穂のペニスをファスナーからむんずと取り出しては、あられもなくむしゃぶりつく有り様です。それもリビングで、妻がちょっとトイレに立ったわずかな隙を縫うように。

 

 

ところが、ある日、二人は予想もしなかったハプニングに見舞われます。ちょうどその日は、夏美の好きなカーセックスの真っ最中。ひと気の途絶えた夕暮れの駐車場。シャワーも浴びていない男性器を、彼女はためらうこと無く、教え込まれたテクニックで存分に楽しませてくれました。やがて、ロングスカートをたくし上げ、ショーツのクロッチをちょこんとずらすと、彼女はそのまま騎乗位で深々と交わり、激しく腰のグラインドを開始。しかも、その日は安全日。なるべくシートを汚さぬように、激しく音を立てつつ、いざフィニッシュを迎えようとした瞬間です。突如、夏美の膣奥に飲み込まれていた男根は、ぐにゃりと「中折れ」し、哀れ愛液にまみれながらにゅるりと抜け出してしまいました。

 

 

EDは専門医のサポートで治療

医師の治療とED発症の原因

カップルは専門医から診断を受けるいったん力を失った男性器は、それからどんなに若いセフレが絶妙に舌で刺激しようが、唇で巧みに咥えようが、その晩二度と復活しません。喉奥に飲み込んだフニャチンを舌で転がしながら、諦めきれない夏美は、とうとう悔し涙をこぼし始めました。

 

 

その日を境に、瑞穂の男性器は、次第に勃起不全(ED)が重症化していきました。インポテンスを発症したペニスは、その後も「中折れ」を繰り返し、二人を苦しませます。けれど、若い夏美は、セックスの悦びを味わい始めたばかり。何とかしてペニスの筒先を下腹部に飲み込むと、亀頭の先を無理矢理Gスポットに押し当てようとします。ところが、その度に男性器は力を失い、ぐにゃりと膣口から抜け出してしまいます。そんな愛人瑞穂の体たらくに、若いセフレの不満が爆発したのも当然です。瑞穂は、夏美に引っ張られながら、駅前にある泌尿器治療の専門病院に連れて行かれました。

 

 

二人を出迎えた担当医は、ED治療に関して経験豊富な専門医。さっそくカウンセリングを始めます。親子ほども年の離れたカップルですが、事情をすぐに飲み込んだドクターは、夏美の不満や瑞穂の辛い胸の内を、何も言わずに察してくれました。そして、セックスの頻度や回数、体位やED発症に至った経緯などを事細かにカルテに書き込むと、穏やかな表情で二人に語りかけます。その内容は下記の通り。

 

ドクターの診断と今後の治療法

  1. 診断名
    勃起不全の原因は、「やり過ぎ」とストレスから発症した一時的なED。
  2. 今後の治療法
    勃起不全(ED)を治療するには外科的な手術も含まれるが、現状では投薬治療と生活改善がベストな選択。治療薬にとして最も有名な「バイアグラ」や即効性の高い「レビトラ」、さらに現在世界No.1のシェアを誇るED治療薬「シアリス」などが極めて有効。
  3. 治療上の留意点
    服用するに当たっては、それぞれ一時的なほてりや消化不良など軽い副作用も現れる。また、重度の肝機能障害や心血管系障害を有する患者、性行為が不適当と考えられる方などは使用することができないので要注意。

 

 

ドクターの説明を受けたカップルは、処方された治療薬を受け取ると、そのまま病院を後にしました。医師の指摘通り、50後半の瑞穂は、若干体重がオーバー気味。夏美と頻繁にセックスを楽しむようになってからは、かなりダイエットが進んでいますが、喫煙も未だ止められません。降圧薬を飲むほどでは無くとも、血圧もわずかに高めです。帰る道すがら、ラブホに寄りたがる若い夏美を我慢させ、その日は何もせず二人は別れました。

 

 

効果的なパートナーのサポート

帰宅した瑞穂は、EDを発症した男性器を握りしめると、深いため息を吐き出します。ドクターは診察室で、「心のリラックス」に努めるようアドバイスをしてくれましたが、最近では仕事以上に夏美の「おねだり」がストレスの原因になっていたのです。いくらピチピチした若い娘とのセックスが好きとはいえ、あまりに頻繁すぎる性行為を、正直負担に感じていたのも事実。セックスの相性がどれほど良くても、この年齢になってから週3回から5回のペースでは体が持ちません。

 

 

まして、外見からはとても想像が付かないほど淫欲に充ち満ちた夏美は、一日に数回求めることもザラだったのです。清楚な彼女をそんな姿に変えてしまったのは自分ですが、亀頭の先がヒリヒリするほどセックスに耽ってしまった自分を、彼は今更ながらに後悔しました。ドクターが言う通り、EDを解消するには、専門医の治療とともに、何よりパートナーのサポートが欠かせません。「しばらくの間は、激しすぎるセックスは自重していこう」、彼は役立たずのペニスをギュッと握りしめ、そうひと言つぶやきました。

 

 

 

 

 

ED治療について、より詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

« パイプカット・ED・シリコン挿入に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る