泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「久屋大通駅」すぐの栄セントラルクリニック

包茎手術の栄セントラルクリニック 名古屋
  • 夜間も対応 10時-24時
  • 久屋大通徒歩0分
  • 完全予約制
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • tel:0120763418
  • tel:0529503900

新着情報
news & topics

栄セントラルクリニックHOME新着情報 | バイアグラ効果は抜群!精力減退は泌尿器科専門クリニックで!

2019.07.18
バイアグラ効果は抜群!精力減退は泌尿器科専門クリニックで!

いきなりですが、人気の国家試験問題からスタート。回答は途中にありますので探してくださいね。

・・・・・・・・・・・ 泌尿器科 医師国家試験 模擬 ・・・・・・・・・・・
6歳の女児。2歳でオムツが取れたにもかかわらず、下着が常に少し濡れていることを主訴に来院。本人は「お漏らしはしていない」と言う。静脈性尿路造影では両側に完全重複腎盂尿管を認め、膀胱鏡検査で左側に2個、右側に1個の尿管ロを認める。
尿失禁の原因はどれか。
a 下大静脈後尿管
b 尿管瘤
c 尿管異所開口
d 後部尿道弁
e 膀胱尿管逆流
・・・・・・・・・・・ 答えは  記事途中にあります  ・・・・・・・・・・・

 

バイアグラ効果は抜群!精力減退は泌尿器科専門クリニックで

みなさん、こんにちは。院長千原です。今日も面白い記事を書こうと頑張っています。さて、50代を迎えた男性にとって気になる悩みは、精力減退と勃起不全。別名をインポとかEDと呼んでいます。その救世主とも言える秘密の特効薬「バイアグラ」をあなたも一度は耳にしたことがあるはずです。

バイアグラには副作用もあるので、利用するには慎重なあなたも、その効果をいっぺん実感したら手放せなくなってしまうかもしれません。それほどこの薬には一時的ながら、抜群の効き目があるのは確かです。

この記事では、精力減退に悩むある男性が、泌尿器科専門クリニックで初めて処方されたバイアグラと出会うまでのエピソードとその後についてご紹介します。もし、主人公と同様、EDや精力減退でお悩みの同世代のみなさんがいらしたら、少しでも光明の光をお届けできれば幸いです。

↑↑詳細はこちらから↑↑

 

1. 箱入り娘「映子」との出会い

人目を忍ぶ切ない恋はいつの時代も燃え上がるものです。
北関東のとある地方都市に勤務していた課長の横山は、妻が教員の出世頭であり、その春からすでに校長として大規模校に着任しています。

妻の君子はショートカットで細身、スラリとした端正な姿が、若い頃の華やかさを未だに漂わせる清楚なアラフィフの美女。ホワイトベージュのスーツがよく似合い、かがんだ時に、タイトスカートに浮かび上がる下着のラインには、まだほんの少し色気を残しています。

そんな妻を持つ横山が、人目を忍んである女性と付き合うようになったのは、彼が部長職目前の時期のこと。しかもその相手は、勤務先のNo2である副市長の一人娘「映子」。映子はその頃、三十路を迎えたものの未だ独身でした。

良家の娘に相応しく、しとやかで品の良い彼女は、実は妻が校長を務める小学校の女性教員。見た目も華やかながら、控えめで女優の「永作博美」によく似た美人の映子には、これまでいくつもの縁談が持ち込まれていました。けれど、いずれも厳しい父親のチェックが仇となって、未だに付き合う彼もいない独身美女です。

横山がそんな映子を見かけたのは、勤務先の校長である妻君子に、年賀の挨拶に訪れたのがきっかけです。たまたま不在の妻に代わって、リビングに通した映子の笑顔と姿に横山は一目惚れします。

それから、横山と映子が懇ろな関係を持つまでには、さほど時間はかかりませんでした。気付いた時には、週に3回から4回、しかも週末は半日以上も裸のままベッドでむつみ合う仲になっていたのです。

2. 結ばれない恋と燃え上がる情愛

初めて二人が結ばれた晩、横山は映子が未だバージンであったことに気付きます。破瓜の出血こそなかったものの、体を預ける様子や恥じらいに、それまで映子が男性経験を一度として持っていなかったことは明らかでした。

久しく妻の君子と性交渉がご無沙汰であった横山は、三十路を迎えたばかりの処女映子との道ならぬ恋に燃え上がります。始め頃こそ挿入の痛みにあえいでいた映子も、2日と開けずに、年上である横山との逢瀬を重ねる内、次第に女の悦びに目覚め始めました。

夕方が近付くにつれ、横山の携帯には映子からのハートマーク付きの連絡メールが、日に何通も入るようになったのはその頃からです。人目に付かぬよう近郊のラブホやシティホテルを巡り歩く二人は、週末になるとほぼ1日、密室で濃厚な時間を過ごすようになっていました。

3. 清楚美女映子の変貌と肉愛

20代の新婚カップルのような密度の濃い映子との性生活は、いつの間にか横山の姿形をも変えていきます。60kgを越えていた体重は気が付くと50kgほどに落ちており、職場では部下から「ダイエットの効果が出ましたね」と揶揄されるほど。

それと同時に、50才を過ぎてやや倦怠気味であった横山の下半身は、映子との情事によって「筋骨隆々」の勢いを取り戻します。体を交えるようになって2ヶ月の間、初めの内こそ映子は恥じらいを見せ、受け身かつ控えめに身を任せていました。

けれど、毎週末ほぼ半日以上全裸で睦み合うようになってからは、普段の清楚な風情など次第にかなぐり捨て、映子は貪欲に肉欲をむさぼるように豹変します。もちろん映子にあらゆる性技を仕込んだのも横山です。

かなり優等生の映子は、ごく短期間で横山が体に刻みつけた「淫らなテクニック」の全てをマスターします。そればかりではなく、男の体の悦びに目覚めた若い女性教師映子は、新たな?技を試そうと、自分の女体で横山の性器を翻弄し始めました。

例えば、抜群に上達したフェラチオが一例です。

「だって毎日喜んで欲しくて、勉強してるんだもん!」

そうにっこり笑いながら永作博美似の美女がぱっくり口にくわえる様は、何より妖艶です。ただ、ペッティングやフェラチオ、クンニリングスはあくまでも映子にとってはアペリチフ(前菜)に過ぎません。車の中で横に座った映子が横山の指先でどんなに下着をびしょびしょに濡らしても、彼女の待ち望むのはただひたすらに性器の交わりです。しかも、彼女自身が体の悦びを堪能し尽くせる体位で。

それと言うのも、正常位になり、亀頭の先端でぱっくり開いた膣口をじらしながら、時折深々と貫くのが何より好きな横山に対して、ある時期から映子は不満を漏らし始めます。溢れるほど映子の愛液が二人の交合部分からベッドに垂れ始めると、映子は決まって「今度は私が上!」と、必ず変えたがる体位が騎乗位です。

つい先刻まで、受け身で体を任せていた彼女が、まるで嘘のように腰を落として横山自身を深く飲み込み、突如「これが感じるの!感じるー!」。そして、「勝手にイッタら許さないから!」そう必死の形相で腰をグラインドさせ始めます。危険日でも殆ど避妊せず、生のママ交わるのが何より感じるからと、映子は毎回コンドームを嫌がります。

深々と性器を結合させたまま、前後左右に密着した膣口をこすり合わせ、ひたすらに悦楽を求める映子。半開きの愉悦の口元からは、昼間の清楚な小学校教師の片鱗など微塵もありません。そのまま30分から1時間近くも、思う存分下半身にわき上がる悦楽に溺れます。

つい数ヶ月前までは、交わりの痛みに顔をしかめていた箱入り娘の映子。昼間は教室で幼子と共に過ごしている清楚な女性教師は、いつの間にか男性器のもたらす快感に溺れる一人の妖艶な女に変貌していたのです。

4. 映子の肉欲に応える秘密の処方箋

けれど、実のところ横山は、この数ヶ月バイアグラを服用していました。そのきっかけは映子の果てない肉欲に応えるためです。週3回以上、そして週末は半日以上横山との交わりを望む映子に、50過ぎの横山の男性器が弱音を吐き出していました。

毎度ホテルに入るや否や、それまでの清楚な映子は豹変します。シャワーを浴びる時間ももどかしいのか、横山のファスナーを下ろすと、そのまま汗で臭う横山の男根を口いっぱいに頬張ります。玄関先で始まる映子のプレーにやや圧倒されながらも、スラックスとブリーフだけ脱がされる横山。

待ちきれない映子は下着だけつるんと外すと、服を着たままカーペットの上で跨がろうとするのです。そして、いったん深々と交わりながら、自分のブラウスやブラジャーを外し、最後は上手にスカートを首から外します。

目をじっと閉じて自分の膣口に飲み込んだ横山の男性器を、うっとり小刻みに味わい続けます。しばらくそうして楽しんでから、ようやく横山の上着やネクタイ、Yシャツを外して裸にするのがいつものパターン。

これが週4日も続いたある日、20才近くも年下の女性と不倫を楽しめる「性豪」であると自負していた横山も、さすがに性欲減退と体力の衰えを感じ始めます。その改善策として、強精剤「バイアグラ」が特に効き目が高いと噂では聞いていても、副作用の心配が拭えません。

それに、自分の下半身がED気味?使いすぎなのも気になり始めます。ちょっとしたきっかけで愛妻であるはずの妻君子の下着姿を見ても、下半身はピクリとも反応しないのです。横山があれほど興奮して、夢中になっていたホワイトベージュのブラジャーやショーツ姿の君子に、全く興味を示さなくなっていたのです。

事情が事情だけに、横山は信頼できる自費診療の泌尿器科専門クリニックを訪ねます。清潔で明るいフロアーに笑顔のスタッフ。ここなら安心です。クリニックの診療の流れは以下の通り。

① カウンセリング・診察予約(クリニックは完全予約制なので、メール予約または電話にて予約してから来院して下さい。)
② 問診票の記入(血圧を測定し、異常がないか事前にチェック)
③ EDカウンセリング(男性医師やスタッフによるカウンセリング。)
④ 院内処方(院内で処方しますので、外の薬局へ行く必要はありません。)
⑤ 薬剤代も1800円からです。

こうして無事バイアグラを処方された横山は、その後も映子との激しすぎる情事を楽しみ続けます。クリニックではついでに、栄養剤やサプリメントのアドバイスも看護師から受け、積極的に取り組んだのがカロリー補給。

おかげで余ったエネルギーは、愛妻君子との久しぶりの夫婦生活に注ぎます。いくら50過ぎの夫婦でも定期的な性愛は必要不可欠。数ヶ月ぶりに味わう古女房の膣奥に、たっぷりスペルマを注ぎ込んだのは言うまでもありません。

 

 

医師国家試験 回答 ・・・C

5. 肉愛の終焉・映子との別れ

横山と映子の別れは突然訪れます。それは映子の生理が遅れたことがきっかけです。ほとんど騎乗位で生のママ交わり続け、フィニッシュを膣奥に欲しがる映子。この1年間、週末はほぼ爛れるような濃密な時間を過ごし続け、清楚な一人娘の映子もどことなく年相応の妖艶さが漂っていました。

娘の変化にまず気付いたのは映子の母親です。連日帰宅の遅い一人娘を心配したのか、それとも最近身に付けているランジェリーの変化を敏感に感じたのか分かりません。ただ、一度横山のデスクに映子の母親から一本の電話が入りました。たまたま不在の横山は、その連絡にピンと来ます。そろそろ潮時が来たことを。

横山の妻君子も、実は夫の変化にはうすうす気付いていたのです。慣れない校長職に、仕事のストレスも加わり、夫との性交渉はずいぶんご無沙汰でした。それでも時折女としての火照りを思い出し、夫の眠る寝室に立ち入ろうとしましたが、毎回夫は爆睡中。

映子との激しい交わりで、50過ぎの横山に残っている体力はありません。振り返るとこの半年近く、夫とは体を交えることもありません。
「一体夫はどうやって性欲を処理しているのだろう?」ちょうどそんな疑念がわき始めた頃でした。

横山が別れを告げた晩、映子は「明日婚約するんだよ」と寂しげにつぶやきます。これが最後の逢瀬となることは横山にも分かっています。コートを脱いで、ベッドの上に横たわる映子のスカートをめくり、下着のクロッチを少し脇にずらすと、横山はファスナーから取り出した勃起している男性器を、そのまま濡れそぼった膣口に挿入します。

スーツを脱ぐのももどかしい横山と映子は、そのままいったん果てるまで交わりました。おかげでスーツはしわくちゃ、ファスナー周りは映子の愛液で白くふやけてだらしない感じです。

それが最後に会った晩の「はず」でした。
ところが、実は映子と横山は、映子の結婚式の前日と、ハネムーンから帰宅した翌日の晩、そしてなんと映子が出産明けで学校に勤務した初日の夜、こらえきれず再び肉欲に溺れてしまうのですが、そのエピソードは後日にご紹介しましょう。

6. まとめ

バイアグラは信頼の置ける泌尿器科専門クリニックで処方してもらえば、これほど性生活を充実してくれる薬は他にありません。夫婦生活を改善したい、もう一度若い頃の充実感を取り戻したいと考えるなら、ぜひ一度専門クリニックをお訪ね下さい。

ただ、効果は一時的なものであることを自覚しなければなりません。大切なのは薬に頼らず、男性本来が元々備え持っている男性機能を改善することです。実はあれから、かの横山氏はバイアグラの処方はいったん中断しています。

有り余る性欲をぶつけてきた若い映子も今では、元通りの清楚な奥様であり、一人娘の母親です。また、愛妻君子のもとで、誠実な女性教師としてこれからも映子は勤務し続けるに違いありません。

そんな横山は、クリニックで行う「前立腺検査」の時に、たまにバイアグラを処方してもらいます。ややED気味の横山は、映子と犯したせめてもの罪滅ぼしにと、校長から古女房に戻った下着姿の君子を、バックから激しく責め立てる時にだけ使うようにしているということです。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • tel:0120763418
  • tel:0529503900

各種医療ローン・クレジットカード・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る