泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOMEホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事 | MTF治療はバイセクシャルを恋愛トラブルから救い出す!

2022.02.09
MTF治療はバイセクシャルを恋愛トラブルから救い出す!

バイセクシャル男性と男性の恋人性的指向が定まらぬバイセクシャルの男性が、恋愛関係のトラブルを巻き込まれます。その問題を解決してくれたのがMTF治療。バイセクシャルの彼には、実は男女別々の恋人がいて、ある日ひょんな事から、二人に三角関係がバレてしまったのです。

 

 

当事者の彼は、今までにも同様のトラブルを引き起こしてきており、今回だけは心底バイセクシャルであることを後悔します。その後、彼は「GID治療」を受け、一方の恋人である女性との関係にピリオドを打ちました。性同一性障害に悩む男性が、女性ホルモン注射を受けて、バイセクシャルのトラブルから救われる経緯をご紹介します。

 

 

MTF治療でトラブルを解決する

トラブルはバイセクシャルが原因

使用済みのコンドームで秘密が発覚LGBTQの内、バイセクシャルの性的少数派は、男女関係のトラブルに巻き込まれやすいのはご存知でしょうか?男性・女性双方に恋愛感情を抱き、同時に性的関係を持ってしまうため、トラブルが頻発するわけです。その問題を解決してくれる方法のひとつが、ホルモン注射を投与するMTF治療。ある事例を通してご説明します。

 

 

名古屋市に在住する仮名「健太」は、バイセクシャルを自認する29歳の男性。男女双方向に興味関心があり、これまでも複数の男女と恋愛関係を楽しんできました。現在彼には、龍一カレンという男女別々の二人の恋人がいます。もちろん二人は、健太がバイセクシャルであることを知りません。健太も、三角関係がバレないよう、これまで細心の注意を払ってきたのです。

 

 

ところが、ひょんな事から三角関係が龍一とカレンに知られてしまいます。事の発端は、健太の車に残されたコンドームのパッケージが、偶然龍一に見つかってしまったことです。龍一は健太を激しく問い詰めます。自分以外に男性の恋人がいるかもしれない、そう勘ぐったからです。しかし、健太にカレンという女性の恋人がいるのも、健太がバイセクシャルだということも、その時まで龍一は何も気付いていません。けれど、激しい怒りに落ち込んだ龍一が哀れに思えたのでしょう。結局健太は、龍一にカレンの存在を白状しました。

 

MTFを進めるのはGID治療

彼女に事情を説明する男性バイセクシャルゆえに発生したトラブルは、責任を持って解決していかなければなりません。健太、龍一、カレンの3人は、栄駅前の喫茶店で待ち合わせます。問題が発覚してしまったからには、結論を出すしかないのです。龍一とカレンを前にして、健太はやむなくカレンに別れを切り出しました。

 

 

その理由は、龍一がガンとの闘病中だったからです。病に苦しむ恋人を見捨てるなど、到底健太にはできません。事情を聞いて、カレンは泣く泣く別れを承諾しました。彼女はまだ23歳。これからいくらでもやり直しが利くはずです。加えて、健太がバイセクシャルであったことを知って、カレンは少なからず衝撃を受けていました。両性に対して恋愛感情を持っている健太に、少なからず不信感を抱いたのも事実です。

 

 

話し合いは無事終わりましたが、今回のトラブルをきっかけに、健太はある決意を固めます。度重なる恋愛トラブルに嫌気がさしたのです。バイセクシャルの性的指向は変えられなくても、男性との交際を続けるため、MTF治療で体を女性化させようと思い立ちました。幸い健太の決意に、恋人龍一も賛成してくれます。健太は早速MTF(男性から女性へ)の治療を行ってくれる専門病院を訪ねました。クリニックを訪れ、健太はMTFがホルモン注射によるGID治療であることを初めて知ったのです。

 

 

MTFはホルモン注射が効果的

女性ホルモン注射が効果的

カウンセリングルームに通された健太は、主治医からGID治療と女性ホルモン注射による治療効果について説明を受けます。その内容は次の通り。

 

 

GID治療と女性ホルモン注射の効果

  1. GID治療とは
    性同一性障害(GID)を抱える患者のためのホルモン剤による治療法。MTF(男性から女性)への変化を望むなら、女性ホルモン(エストロゲン)を体に投与する。投与する方法には、注射、飲み薬、貼り薬(塗り薬も)等を選ぶことが可能。ただし、筋肉注射によってエストロゲン製剤を取り入れる方法が最も効果的。
  2. 女性ホルモン注射の効果
    女性ホルモン「エストロゲン製剤」を筋肉に注射すると、下記の変化が現れてくる。
    ・体つきが丸みを帯び始め、体型が女性的に変化する。
    ・徐々に乳房が膨らみ始める。
    ・筋肉が減少する。
    ・ひげや体毛が薄くなり、髪がふさふさしてくる。
    ・声も高音に声変わりする。
    ・肌がきめ細かくなり、しっとりする。
  3. 治療の進め方・方法
    名古屋市地下鉄栄駅から徒歩3分にある「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」では、女性ホルモン「エストロゲン」を投与する際、エストロゲン製剤「吉草酸エストラジオール10mg」を使用しています。1Aなら1~2週間隔、或いは、10mg/2Aなら2~3週間隔で投与する。副作用の発現を抑えるため、ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中ホルモン濃度の測定を2~3ヵ月おきに行う。

 

ホルモン注射の副反応と対策

体を女性的に変化させるホルモン注射には、残念ながらある程度の副反応が発症します。主な副反応とは下記の通り。

 

 

女性ホルモン注射による副反応

  1. 注射による反応
    注射刺入部のかゆみや発赤、疼痛などある程度の副反応はやむを得ません。ただし痛みにも個人差はあります。
  2. 投与後の副反応
    女性ホルモンを注射によって投与すると、主な副反応として次の症例が報告されています。
    ・投与直後の吐き気
    ・肝機能が低下する肝機能障害
    ・多血症や血栓症のリスクが高まる
    ・男性としての性機能が衰える

 

 

以上挙げた副反応は、現れる程度も症状も個人差があります。ほとんど吐き気もなく、順調に治療を進められる患者もいれば、投与する量を減らしたり、投与間隔を空けたりするなどの対策が必要な患者もいます。

 

 

いずれにせよ、ホルモン注射を続けている間は、主治医による細やかな体調の観察と共に、定期的な血液検査や肝機能検査が必要です。先にご紹介した名古屋市にある「AMORE CLINIC(アモーレクリニック)」では、経験豊富な専門医が、24時間体制で患者の容態を見守り、万全のアフターケアに努めています。もし仮に、急な体調変化が現れても、迅速かつ的確に病院スタッフが対応してくれるので安心です。

 

 

まとめ

治療の効果にカップルはすこぶる満足この記事では、バイセクシャルの性的指向を持つ男性が、女性ホルモン注射で体を変化させたその経緯をご紹介しました。治療を受けた健太本人は、その後大きな副反応に苦しむこともなく、現在投与3ヶ月目に入っています。すっかり体つきも丸くなり、あごひげや体毛も薄くなっています。徐々に両胸の乳房が膨らみ始め、パートナーの龍一も内心ご満悦。もちろん恋愛トラブルから解放された当の本人も、MTF治療に心から感謝しています。現在も尚、二人の関係は、ホルモン注射と同様すこぶる順調です。

 

 

さて、ご紹介した主人公は、女性ホルモン「エストロゲン」を筋肉注射で投与するMTF・GID治療に取り組みトラブルから救われました。バイセクシャルの彼以外にも、LGBTQを抱える性的マイノリティは、性同一性障害に悩み、苦しんでいます。もしも、あなたのお知り合いに、性的指向と体のギャップに悩んでいる方がいたら、ぜひ1度経験豊富なドクターに相談するようお伝え下さい。きっとその悩みや苦しみは、専門医が解決してくれるはずです。

 

 

 

 

MTF治療について、さらに詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

« ホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る