泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME性病に関する記事 | 性病感染もやむなしでしょ!パパ活中の女子大生にやり放題じゃあ

2021.11.24
性病感染もやむなしでしょ!パパ活中の女子大生にやり放題じゃあ

若い女子大生は出会い系に夢中今時の女子大生の中には、「性病感染」とか「妊娠」とかの観念が恐ろしく低く、男性相手にやりたい放題を許してくれる素人娘が、相当数紛れ込んでいるようです。これからご紹介する20歳の中島結衣もそのひとり。彼女は目下「出会い系掲示板」で、日夜パパ活に励んでいます。中肉中背ながらも目鼻立ちが整い、クリッとした愛らしい瞳と雪のように白い肌は、出会った男性を必ず虜にするほどです。

 

 

そんな素人娘を、掲示板で偶然見つけたのが、自営業を営む田宮健一。美貌の妻がいながら、健一は日頃から「女遊び」がやめられません。パパ活中の女子大生を、火遊びの相手にするのはこれが初めてではありませんが、結衣は今まで出会った小娘とはひと味違っていました。なんと彼女は、風俗嬢のように「オプション料金」というお小遣いをせびる代わりに、「生ハメ」や、時に「中出し」まで許す始末。性病感染や妊娠など、ちっとも気にかけておりません。

 

 

案の定、結衣は健一以外のパパから、知らぬ間に性病を感染させられ、その感染症はやがて健一の股間をも直撃します。懲りないパパ活女子大生と、遊び人の中年男。ふたりのトホホなお話をご覧下さい。

 

 

素人娘との出会いはパパ活掲示板

パパ活という名の援助交際に夢中

中年男も出会い系に夢中最近の女子大生が、いくら貞操観念が欠けているとはいえ、結衣の日常生活は目を覆いたくなるほど乱れていました。両親はそろって地方の公務員。何不自由なくすくすくと育てられ、彼女は年頃を迎えます。ただ、結衣の淫乱気質は、もしかするとかなり癇癪持ちの母親への反発心が、原因であったかもしれません。

 

 

見た目も綺麗な娘へと成長した結衣は、大学進学と同時に独り暮らしを始め、親の監視を逃れます。それと同時に、「出会い系掲示板」にすっかりはまり、日毎夜毎不特定多数の男性と密会を楽しみ始めました。彼女の目的は、もちろん裕福なパパ達からの援助金。ついでながら、熟練した中年男のセックステクニックに、結衣がはまっていたのは紛れもない事実。同級生の男子学生など、エロ事師の中年男性とは比べようもありません。20歳の女子大生は、こうして趣味と実益を求め、日夜出会い系で自分にとって都合の良い「金づる」を探していたのです。

 

素人娘は性病にも妊娠にも無頓着

そんなパパ活女子を、偶然掲示板で見つけたのが、「プレハブ屋の健ちゃん」こと田宮健一です。健一は早速結衣とアポイントを取り合い、顔見せもそこそこに真っ昼間からラブホテルへ直行しました。すでに数え切れないほど、結衣はテクニシャンの中年パパとセックス経験を重ねています。張りのある白い柔肌や、プリプリ弾力のあるオッパイ・お尻に、健一はすっかり夢中です。

 

 

ねちっこい前戯で女子大生を楽しませた後は、いよいよ待ち望んだ正常位での合体。健一は枕元に置いてあるコンドームのパッケージを、ひとつ口に咥えて破ります。潤滑剤にまみれた薄いゴムの避妊具を、いつも通りペニスに装着しようとして、試しに横たわっている彼女に問いかけました。「ナマで入れちゃあ、ダメだよね?」。すると、その答えは意外な返事。瞳を閉じたまま、結衣は健一にこうつぶやきました。「生ハメはオプション代がかかるけど、それでもいいの?」

 

 

素人娘は、まるでいっぱしの「風俗嬢」のように、「オプション料金」を健一に申し出たのです。一瞬彼は、ポカンと口を開けたものの、それならば話は簡単と、即答でそのオファーを受け入れました。そして、すぐに手に持ったコンドームを結衣の枕元に放り投げ、躊躇することなく生身のままペニスを挿入。その後は持てるテクニックを駆使して、パパ活女子を散々責め立てたのは言うまでもありません。

 

 

さて、いよいよフィニッシュが近付き、健一は再び「ダメもと」で結衣の耳元に囁きかけます。「オプション代、上乗せするから、中へ出してもいいかな?」と。しかし、その答えも予想通り。「安全日だと思うからいいよ、でもオプション料金、いっぱいはずんでね!」このように素人娘は、性病感染にも妊娠にも、全く無頓着だったのです。

 

 

股間を直撃した性病と遅れる生理

性病感染は無頓着な性行為が原因

中年男は股間の異変に仰天案の定、健一の股間に異変が生じたのは、結衣と5回目の生ハメを楽しんだ翌朝のことです。普段通りトイレに立った健一は、オシッコをしようとペニスを取り出しました。すると、普段なら何も付着していない尿道口から、何やら黄色っぽい分泌物が滲み出ています。怪訝に思いながらも、こみ上げる尿意のままにオシッコを出そうとした瞬間です。健一はペニスの内部にこみあげる、こらえきれないほどの激しい痛みと灼熱感に飛び上がります。

 

 

尿道に感じる痛みとたまらない尿意は、遊び人の健一でさえ、かつて経験したことがありません。それというのも、妻帯者である健一は、妻に性病を感染させることを何より怖れていたからです。夫婦間に性病を持ち込んだ場合を考えれば、それは当然でした。そのリスクを思うと、妻以外の女性とどんなに生ハメしたくても、無謀な性行為などできっこありません。だから、これまで健一は、いつもコンドームをバッグに忍ばせ、安全なセックスに心がけてきたのです。

 

 

ところが、今まさにペニスにこみ上げる痛みと灼熱感は、我慢の限界を超えていました。仕事を社員に任せて、健一は現場から泌尿器治療の専門病院に直行します。あらかじめ予約した時間に病院へ到着した彼を、専門医がカウンセリングルームで待ち受けてくれました。ドクターは健一に、ペニスに発生した症状やこれまでの性生活について詳しく尋ねます。今更隠しても仕方がありません。パパ活娘結衣と楽しんできた生ハメや中出しも、彼はありのままに申告します。そして、検査の結果は予想通り。健一は「淋菌性尿道炎」を発症していたのです。

 

 

パパ活女子は生理の遅れに悩む

専門医は患者に説明する健一の治療は即日開始されました。抗生剤を処方しながら、性病治療の専門医であるドクターは、治療について詳しく説明を始めます。

 

【淋菌性尿道炎の予防と治療

  1. 淋菌性尿道炎の予防
    性感染症(STD)の予防には、必ずコンドームを装着して性行為を行うことが基本。淋菌はクラミジア同様、現在若者に蔓延している性病の一種。そうは言うものの、何より妻以外の不特定多数の女性とセックスすることそのものに問題あり。「家庭内感染」を引き起こすだけではなく、離婚問題に発展しかねず、及ぼす影響はかなり甚大。快感を追い求めるあまり、安易に生身のペニスを女性器に挿入したり、オーラルセックスを楽しんだりすることが最も危険。梅毒エイズC型肝炎など治癒しにくい性感染症に罹患する危険性も拭いきれず、くれぐれも注意が必要。
  2. 治療上の注意点
    淋菌性尿道炎の治療は、抗生剤の内服が基本。症状が重い場合は点滴を同時に行い、淋菌を消滅させることが必要になる。排尿痛や灼熱感、ペニスに滲み出る膿が完全に無くなるまで、女性との性行為は厳禁。慎重を期すなら、再度来院した上で再び性病検査を行い、完治していることを確認することが望ましい。いずれにせよ、妻以外の女性を相手に、生ハメ・中出しするなど無謀な行為は、今後厳に慎む。

 

 

ドクターからきつくお灸を据えられ、健一はとぼとぼ自宅を目指しました。パパ活中の女子大生に、やりたい放題していては、性病感染もやむなしです。それでも処方された抗生剤のおかげでしょう。彼のペニスを苦しめた排尿痛も灼熱感も、日に日に解消し、ブリーフに染み出ていた黄色い膿も無事消えていきます。予定通り抗生剤を2週間内服し、治療を終えた健一は再びクリニックを訪れ、再度性病検査にのぞみました。こうして淋菌性尿道炎は完治し、無事治療は終わりました。

 

 

ところで、セックスレス気味の妻には、運良く淋菌を感染させずに済んだのが、せめてもの不幸中の幸い。その一方、尿道炎が発症してからは、あのパパ活女子結衣との連絡は絶っています。ひっきりなしにスマホのLINEには、彼女から「会いたい」のメッセージ。あのまばゆいほどの白い裸体を思い浮かべるたび、健一の股間は、どうしようもないほどムクムク鎌首がもだけます。それでも彼は、彼女からのアクセスを一切拒否し続け、最後にはアカウントを一方的に削除して、結衣との関係にピリオドを打ちました。

 

 

こうして、女子大生結衣との火遊びは終わりました、けれど、健一は知らなかったのです。パパ活女子結衣が、必死に健一とアポイントを取ろうとした本当の理由を。高いオプション料金を彼に吹っかけ、中出しまで許していたツケは、予想を裏切って彼女を苦しめていました。実は、あるはずの生理が、ひと月以上も遅れていたのです。その時になって初めて結衣は、今までピルを服用してこなかったことを、心から悔やみます。けれど、中年男健一とは連絡さえも取れません。あまりに安易過ぎた自分の振る舞いを、彼女はようやくその時になって悔やみ始めていました。

 

 

この世の中には、我々一般男性には想像も付かないほど、性病感染や妊娠に無頓着すぎる若い女性が実際います。そんなギャルに巡り会っても、みなさんはぜひ安全なセックスを心がけて下さい。無防備な性行為は、男女双方に手酷いしっぺ返しを用意しています。くれぐれも用心を怠りなく。もしも、下腹部に違和感を覚えたら、迷わず性病治療の専門病院を訪ねることをオススメします。

 

 

 

 

性病治療について、さらに詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

« 性病に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る