泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事 | 亀頭の増大望むなら技術力と実績ある専門病院が一押し!

2021.10.19
亀頭の増大望むなら技術力と実績ある専門病院が一押し!

カップルは男性器にの大きさに悩む亀頭増大治療で一番気になるのが、オペ後の手術痕や術後の仕上がり具合ではないでしょうか?実際に亀頭の増大を終えた男性患者が、治療を振り返り、最も気になっていた悩みを振り返っています。その悩みとは次の3つです。

 

  1. 亀頭増大の具体的な手順
  2. 治療を受ける病院の専門性や技術力
  3. 治療後の手術痕や仕上がり具合

 

男性にとっては、最も敏感かつデリケートな亀頭を治療するわけですから、その心配たるや並大抵ではありません。亀頭は増大したいけれど、痛いのは誰だって苦手です。治療そのものの痛みを想像すると、亀頭増大を尻込みしてしまう男性が多いのも当然でしょう。

 

 

さて、これからご紹介するエピソードは、中堅建設会社に勤務する部長岡田雅仁のお話です。51歳になる彼には、25歳独身の夏美という若い愛人がいます。今や社会的なステイタスを手にいれた雅仁にとって、最大の悩みはペニスが貧弱であること。その問題をまず初めに指摘したのは、当然ながら恋人の夏美でした。親子ほども年齢の離れた愛人を満足させるため、彼は専門病院で亀頭増大の治療を決意します。その顛末はいかに?

 

 

亀頭増大の具体的な手順と治療法

亀頭を増大を決意させたきっかけ

若い愛人はペニスに不満夏美が雅仁のペニスに不満を漏らしたのは、体の関係が出来てからふた月ほど経ってからのことです。母子家庭に育った彼女は、どこか父親の面影を感じさせる部長雅仁を、密かに慕っていました。半ば強引に関係を迫ってきた上司に抗えなかったのも、夏美の心の中に父親を求める寂しさがあったからでしょう。

 

 

ところが、25歳という年頃の娘にとって、雅仁の男性器はかなり彼女を失望させる貧弱ペニス。身持ちが堅く、さほど男性経験の多くない夏美にさえ、ミニサイズのペニスに対する不満が徐々に募っていきました。例えば、正常位で根元まで合体しても、亀頭の貧弱さゆえに、彼女の性感帯「Gスポット」を亀頭がほとんど刺激することができません。どんなに陰核を刺激され、快感を高められても、それでは夏美が一人で楽しんでいる「マスターベーション」と何ら変わりないのです。

 

 

ある晩、ついに彼女は額に汗を浮かべて腰を振り続けている愛人に、こうきっぱりと宣告しました。「先っぽがちっちゃすぎて、全然感じらんない」と。これが、雅仁に亀頭増大を決意させるきっかけとなったのです。

 

 

ほぼ無痛で安全安心な治療方法

ところが、いざ亀頭の増大を決意しても、どこで治療を受ければいいのか、さらにはどんな治療が待っているのか雅仁には皆目見当が付きません。不安に駆られ、重役会議の合間にスマホで治療法を調べた彼は、その具体的な施術法に顔をしかめます。彼が見つけた亀頭増大の内容とは次の通り。

 

一般的な亀頭増大の方法

  1. 亀頭増大の治療内容と注意点
    亀頭のエラに張りを持たせ、亀頭全体を増大させるため「ヒアルロン酸」などを注射で亀頭に注入する。ところが、クリニックによっては持続効果を得るために「アクアミド」や「レディエッセ」、「バイオアルカミド」に「リパス」といった非吸収性の注射剤を使うクリニックがあるので注意が必要。
  2. オペの手順
    亀頭部に麻酔の注射を行ってから、薬剤を注入する方法が一般的。最も敏感な部分だけに、注射針を刺す際には多少の痛みが生じるのはやむを得ない。

 

さらに、亀頭増大の治療を経験した多くの患者が、その体験をもとに、掲示板に治療後のトラブルや後遺症について書き込んでいます。非吸収性の注射剤を注入された結果、亀頭がデコボコしたり、硬いしこりができたりするなど、後遺症に苦しんでいる患者も少なくありません。持続効果を持たせるために使われる「非吸収性注射剤」は、異物として亀頭に残り続けます。その結果、術後の疼痛、壊死、感染、発がんなど、様々なリスクを発症させるだけでなく、一度注射すると二度と取り出せないという問題も抱えています。こうした書き込みを読んで、さすがの彼も頭を抱えてしまいました。

 

 

クリニックの専門性と高い技術力

クリニックの医療体制とスタッフ

担当医に悩みを打ち明ける男性患者治療を受ける病院探しに悩んでいた雅仁は、ある日やっとの思いで泌尿器治療の専門病院を見つけ出しました。診察予約を入れた当日、経験豊富な専門医のカウンセリングを、雅史はまず最初に受けます。ドクターは、治療法に対して心配している雅仁の気持ちを素早く見抜き、クリニックで行う治療の手順やポイントについて分かりやすく説明を始めてくれました。その内容とは以下の通り。

 

専門病院における亀頭増大

  1. 亀頭増大の治療方法
    一部の病院で使っている非吸収性の注射剤は、危険性や後遺症を踏まえ、決して使用しない。治療に使用する「ヒアルロン酸」は「フィラーエランセ」や「ハイアコープ」。エランセは4年以上もの持続効果がある「生体吸収性医療用ポリマー」。コラーゲン産生の効果があり、エランセが吸収された後も、硬さやボリュームが維持され、その後も長く効果が持続。一方「ハイアコープ」は、高分子ヒアルロン酸であり、分子量が大きいため、亀頭のサイズアップと硬さを実現する。持続効果はおよそ2〜3年。術後の手術根も仕上がりも全く心配無用。
  2. 治療の手順とポイント
    最も気になる手術は、局所麻酔を施し、無痛で行う。施術時間もおよそ20分程度で終了。注射の痛みが気になる患者に対しては、「麻酔テープ」による無痛での亀頭増大・亀頭強化も可能。何より治療後のアフターケアは万全で、24時間ホットラインによるサポート体制をスタッフが担っている。さらに、予約制で術後も経過の相談や検診も実施する。

 

ドクターの説明に耳を傾けながら、雅仁は夏美とのセックスライフを改善するため、その専門病院で治療を行う決断をしました。

 

 

術後の満足感は高い技術力が保証

手術当日、亀頭を増大させるための「ヒアルロン酸」注入は無事終了しました。治療時間もわずか20分程度。麻酔テープのおかげで心配していた痛みも無く、雅仁は日帰りで治療を終えることができたのです。それからひと月が経過しました。念のために、クリニックで再診を行った彼は、治療の効果に目を見張りました。

 

 

ヒアルロン酸を注入した彼の亀頭は大きさを増し、ハリと硬さが如実に現れています。これなら銭湯やトレーニングジムなどで、他の男性に見られても恥ずかしくはありません。同性の目に晒しても、なんら気後れすること無く、胸を張って誇れる立派なサイズの亀頭に生まれ変わっていました。それもこれも、ドクターの高い治療技術と豊富な経験のたまもの。クリニックが保証してくれた専門病院としての実績に、雅仁はただただ感服するばかりです。

 

 

その晩彼は、ひと月ぶりに夏美と早速ベッドイン。25歳の張りのある肌に玉のような汗を滲ませ、彼女は生まれ変わった亀頭の感触を存分に堪能しました。サイズアップした亀頭は、ほどよい弾力性を保ちながらも、今までに無かった強い硬さを感じさせます。これこそ夏美が待ち望んでいたペニスの大きさ・太さです。さらに、強化されたカリ部分は、彼女のGスポットに直接気持ちの良い刺激を与え続けています。もちろん、その晩夏美がペニスの挿入によって、初めてエクスタシーに達したことは言うまでもありません。

 

 

もしもあなたが、貧弱な亀頭に悩んでいたら、ぜひ一度技術力と実績のある、そんな「一押し」の専門病院を訪ねてみて下さい。その苦しみを、経験豊富な専門医が、きっと解決してくれるはず。悩んでいるより、実行あるのみです。

 

 

 

 

 

亀頭増大について、さらに詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

 

 

 

 

 

« 亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 開院時間、休診日などの病院都合で繋がらない場合、LINEまたはメールをご利用ください。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る