泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME性病に関する記事 | ウブなキャバ嬢を妊娠させたのは「カンジタ」感染の独身教師!?

2021.08.11
ウブなキャバ嬢を妊娠させたのは「カンジタ」感染の独身教師!?

風俗で遊んだ男性は違和感に苦しむかつて「聖職」と呼ばれた教師の仕事も、今では「ブラック」な職業の代表とこきおろされ、精神疾患の患者となる先生が目下急増中とか。ところが、中にはそんな逆風さえも平然と受け流し、「我が道」をひたすら突っ走る強者もいるようです。

 

 

これからご紹介する中学教師追沼繁も、そんな強者の一人。中部地方のとある中学校に勤める社会科教師の繁は、現在58歳独身です。すでに数年前、管理職になる夢は破れ、生涯一教師を貫き通してきた彼の唯一の楽しみは、週3回以上は通っている「風俗店」巡り。生半可なプレイに満足できない彼は、素人女性になど全く見向きもしません。ひたすら己が下半身に、至福の快感をもたらしてくれる「プロ」の女性が繁にとって唯一絶対の存在でした。

 

 

さて、日々新たな風俗店を開拓し、快楽を貪っていた彼でしたが、時には思わぬ「地雷」を踏んでしまうことも当然ながら経験しています。そんな中で、特に辛い思い出は、「生フェラ」が売りで新規オープンした「抜きキャバ」での悲しい記憶です。繁はその店で、うっかり「カンジタ」に感染させられてしまいます。「風俗命」をモットーとする彼が、思いもよらぬSTDに感染してしまうトホホなお話を、これからみなさんにご紹介します。

 

 

ウブなキャバ店員は性病感染中

抜きキャバに勤めるウブな女店員

風俗嬢は男性客の股間にすがりつく社会科教師の繁は、当時、進学を控えた中学3年のクラス担任。中々定時に退勤できないものの、毎夜8時を過ぎれば、繁は隣町にある風俗街に、「校外補導」と称して意気揚々と繰り出します。あと2年で定年退職を迎える彼は、未だ独身を貫き通していました。ただ、そんな彼もかつては素人女性と普通の結婚を夢見ていた時期もあったようです。

 

 

ところが、若い頃から風俗店に通い詰めていた繁にとって、ほぼ「マグロ」状態で、ただ寝そべっているだけの一般女性など、セックスの対象としてかなり物足りなかったのも事実。「即尺」や「69(シックスナイン)」にも滅多に応じてくれず、性行為も正常位だけしか許してもらえぬ素人娘。いくらウブなおっとり娘がお気に入りの彼でも、次第に普通の女性と結婚することを敬遠してしまったようです。

 

 

そうした事情から、58歳になるまで風俗一筋で貫き通してきた繁は、これまでたった一度も結婚せず、教師として得た給料の大半を風俗嬢との性行為につぎ込んできたのです。そんな彼でも、初々しい「ウブっ娘」の風俗嬢が何より大のお気に入り。さすが元々研究者肌の繁です。徹底したリサーチを元に、その日も「抜き」専門のキャバクラ店で、彼好みのウブな女性店員を発見し、急ぎお店に直行していました。

 

 

キャバ嬢はお金に困った看護学生

風ぞ条は男性客を魅了する数ある風俗店で、繁が特に気に入っていた風俗店は、表向き本番こそできませんが、スッキリ抜いてくれる「キャバクラ」でした。なぜ彼がそれほどキャバ店に固執したかというと、料金も基本的に1万円以下であり、何よりアルバイト店員との微妙な「駆け引き」がたまらなかったからです。ご存知の通り、ソープ以外のお店では、原則「本番行為」は厳禁。繁が通い詰めていたキャバクラも、「フェラチオ」や「手こき」でスッキリ抜いてはくれるものの、女性従業員とのセックスは、「罰金50万円」と書かれている通り原則御法度。ただし、それは女性店員が、店長や従業員に連絡した場合に限るお話です。もし、サービスしてくれる彼女たちと特別懇ろになったり、常連として通い詰めたりすれば、そこに思わぬ「活路」が見いだされるわけです。

 

 

さて、その晩繁が予約しておいたお気に入りキャバ嬢は、19歳「キヨラ」。彼がキヨラのサービスを受けるのは、その日が3度目です。風俗店で働くのはそのお店が初めてという彼女、実は現役の看護学生。学費を工面するため、仕方なく手っ取り早い方法として、このキャバクラに入店しました。長い黒髪に白いすべすべの肌。サービスを受ける個室に入っても、最初はうつむくばかりの超ウブっ娘でした。繁は、来店1,2回目こそセオリー通りのフェラチオで満足しましたが、サービスを終えた後の雑談から、彼女が最近お金に困っていることを耳にします。「この子は交渉次第で上手くいくかも?」、プロの風俗遊び人である繁は、そうすぐに直感しました。

 

 

無防備な性行為と無慈悲な射精

そして、いよいよ今夜は3回目の指名です。繁はある提案を内緒でキヨラに持ちかけます。彼女はいつも通りシックスナインで繁をフィニッシュさせようと、股間に顔を近づけ、おもむろに男根を咥え始めました。しばし至福の時間を味わっていましたが、そのうち彼はキヨラの丸く白いお尻を優しく数回叩いて、ペニスから口を外させます。そして、キヨラの耳元で、こう持ちかけたのです。「ねえ?追加料金弾むから、ねっ?ねっ?いいでしょ?」。そうささやくだけで、繁が持ちかけた内容の意味は、彼女にもすぐに伝わりました。

 

 

ただし、本番行為は店長にも廊下をうろつく従業員にも、絶対に気取られてはいけないサービスです。再びペニスを咥えなおし、しばし逡巡する彼女を、繁はやんわり仰向けに横たえると、そのまま体を入れ替え正常位の形で両股を抱え込みます。当然ながら亀頭の先端は、濡れそぼったキヨラの膣口の寸前でスタンバイ。普段ならここで、大抵のキャバ嬢たちはみな、コンドームの装着を要求してきます。けれど、経験の浅い彼女は、常連客の予想外の要求にすっかり無我夢中。繁のルール無視の行為にも、何ら抵抗も示そうとせず、まったくなすがままで身を任せています。

 

 

さらに、あろうことかピルを服用していないウブな看護学生は、繁の背中に両腕を回すと、貪るように口づけをせがんできました。まさにそれは、彼が風俗嬢とのお遊びで、最も待ち侘びている瞬間です。そのせいで、舞い上がった繁は「風俗大魔王」として、常に胸に刻み込んでいる「感染予防」の大原則を破ってしまいました。すなわち、コンドームを装着していない勃起した男性器を、彼女の使い込んでいない膣口に、生身のままズブズブと根元まで挿入してしまったのです。そして、それからタイムオーバーまでのおよそ10分間、繁は思う存分アルバイトキャバ嬢の生膣を、激しくピストンで責め立てました。ルール違反の本番行為とはいえ、興奮したキヨラはどうしても感じてしまい、声を抑えるのに必死です。濡れた肉と肉の交わる音だけが、薄暗く狭い個室にピチャピチャ淫猥な音を奏でます。

 

 

やがて、限界まで昇りつめた繁は、涙目で彼を見つめるキヨラに、フィニッシュが近づいたことを知らせます。避妊具を装着せず、生身で交わっていることは、もとよりキヨラも承知です。このまま「中出し」されてはたまりません。ところが、ここが風俗通である繁の真骨頂。さらに深々と抜き差ししながら、いよいよクライマックスを迎えた瞬間、繁は「外出し」すると見せかけて、実は最初の一撃を膣奥にたっぷり発射。もちろん射精したことがキヨラにバレないよう巧みに演技しつつ、素早くペニスを引き抜くと、申し訳なさそうな素振りを装いながら、残った精液をすべすべした彼女の臍下に吐き出します。無慈悲な繁の膣内射精など、放心しているキヨラに気付くことさえできません。アルバイト看護学生の生膣を、存分に堪能した繁はすこぶるご満悦。けれど、無防備なこの性行為が、無責任過ぎる彼をすぐに苦しめることになったのです。

 

 

性病治療は専門医が迅速的確に

股間の異変を的確に見抜く専門医

それから繁は、ウブなキャバ嬢キヨラを相手に、秘密の追加料金と引き換えに、幾度となく「生本番」を楽しみます。初めの内こそ彼女は、「店長にバレたら大変」と言い続け、毎度一旦は拒む素振りを見せましたが、繁が差し出す内緒のチップにはどうしても勝てません。その内二人は、キャバクラでありながら、個室に入るとすぐに、毎回コンドームも装着せず激しくセックスに耽るようになってしまったのです。

 

 

けれど、そんな彼女は、ある日不意に退店してしまいます。店員に聞いた話では、「体調を崩したため」、としか分かりません。お目当てのキヨラが在籍していないのであれば、そろそろ別のお店を探す時期。そんなことを考えながら、職員室で事務を執っていた繁は、股間に言いようのない違和感を感じ始めます。それはなじみのキヨラと、最初に生本番を楽しんでから、ちょうどひと月経った頃のことでした。異様な亀頭のかゆみに、繁はトイレに駆け込みます。ブリーフから取り出した亀頭の先は、心なしか赤く腫れ、小さな水疱とともに包皮の間に白いカスさえこびりついています。指先でカスをこそげ落としながら、おしっこをした途端、繁は最近味わったことのない「排尿痛」に苦しみ始めます。

 

 

専門医は患者の告知に耳を傾ける「もしや、この症状は性病に感染した兆候!?」そう直感した繁は、有給休暇を校長に申し出ると、直ちに駅前にある泌尿器治療専門病院に直行しました。案の定、検査の結果彼は、性病に感染していることが判明。経験豊富な担当医は、亀頭の爛れや尿検査の結果から、繁が「カンジタ」に罹患していることを的確に見抜きました。

 

 

診察室に通された繁に向かうと、ドクターは次のような診断とアドバイスを告げました。

 

カンジタの感染原因と症状

  1. 感染原因
    膣カンジタに感染しているパートナーから、繁は今回性的接触で感染した。コンドームを装着しないで性行為に及んだことが最大の原因。
  2. 症状
    女性の場合は「膣炎」や」「性交痛」、排尿障害。男性の場合は亀頭のかゆみや、白いカスがこびりつく。排尿痛や発疹、性器に爛れが現れる。
  3. 治療法と日常生活上の注意点
    カンジタの治療は抗真菌薬の軟膏と内服治療が基本。再発しやすく、なかなか治りにくいのも特徴の一つ。性器周辺を常に清潔にしておくことが大切だが、石鹸で洗いすぎると逆効果。何より性的感染を防ぐために、コンドームを付けることが大切。

 

 

久しぶりの性病感染とその治療に、進学時期を迎え、繁忙期の繁はかなり落ち込みました。ドクターから処方された塗り薬と内服薬をバッグにしまうと、彼は当分風俗通いができないことを一番に嘆きます。とぼとぼと肩を落として歩く姿は、風俗命の繁にとって、何よりの薬だっかもしれません。

 

 

性病治療と悲しい後日談

繁のカンジタは、塗り薬と内服薬によって、徐々に回復していきます。けれど、彼はまだ知らなかったのです。それ以上に悲しい後日談があったことを。繁の生ハメ、中出しという「無茶ぶり」を存分に受け止めていたあの看護学生のキヨラが、実は妊娠しておりました。相手はもちろん中学教師の繁です。そもそも彼女がキャバクラを退店した直接の理由は、突如発症したヴァギナ周辺の爛れと腫れ、そして異様なオリモノです。入れ代わり立ち代わり相手をする男性客の指や口の攻撃で、女性器は真っ赤に腫れあがり、そのままでは到底接客などできません。ただ、繁のように「割り増し料金」を払ってくれる上客を、みすみす手放すことだけは残念至極ですが、爛れた大陰唇が治るまでキャパで働けないのです。

 

 

さて、実入りの良いアルバイトから足を洗い、もとの看護学生として学校に通っていたキヨラは、ふと決まって訪れていた生理がかなり遅れていることに気付きます。「もしや?」、そういやな予感を覚えた彼女は、市販の妊娠検査キットをすぐに購入します。そして、自宅に戻り、ひとりトイレでおしっこをかけてみました。すると、なんとキヨラは、自分が妊娠していることをそこで初めて気付きます。すぐ自分を妊娠させた張本人が誰であるか、思いをめぐらす彼女の脳裏に、毎回「外出し」していた常連客繁のうめく姿が浮かび上がりました。あの客は来店するたびに生ハメをせがみ、ラストはいつもへそ下に射精していたはず。けれど、この数か月、彼女は繁以外の男性と、プライベートでもセックスなど一度もしておりません。従って、相手は彼に間違いありません。だからと言って、今更キャバクラの店長にすがりつくことなどできるはずもなく。キヨラはショーツを下ろしたまま、ひとり呆然とトイレの中で立ちすくみました。

 

 

あなたがもしも、風俗遊びに夢中なら、ひとつご忠告申し上げます。ゆめゆめ一時の快楽に身を任せてはいけません。後先考えぬ不用心な行為は、必ずや「性病感染」という形であなた自身に返ってきます。そして、風俗嬢といえど、相手も生身の体であることだけは、心にとめて置きましょう。互いに取り返しのつかないことにならないよう、避妊具の使用だけは忘れてはいけません。その上で、もし下半身に少しでも異変が現れたなら、躊躇せず専門医の診断と治療を受けてくださいね。

 

 

 

 

性病治療について、さらに詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

 

 

 

 

 

« 性病に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る