泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事 | メンヘラ女性部下の要求は更なる亀頭のパワーアップ!!

2021.07.27
メンヘラ女性部下の要求は更なる亀頭のパワーアップ!!

わがまま彼女は職場のモンスターどこの職場にもわがままで高慢ちき、さらに「メンヘラ」気味のモンスターが一人位はいるものです。年は若いはずなのに、化粧もかなり派手でアイメイクなど常にバチバチ。何事につけ、とげとげしい言葉や態度に、周囲の誰もがほとんどお手上げ状態。当然ながら、そんな女性にはプライベートでも近付く男など誰一人おらず、独り身の寂しさがさらに彼女をピリピリさせています。

 

 

ところが、そんな孤独な彼女も一皮剥けば、恋を夢見るひとりの乙女。どんなに虚勢を張っていても、所詮は世間知らずで、ひとりぼっちが大の苦手です。男性社員を毛嫌いしても、本音では「誰でも良いから淫らなセックスがしたい」、そう時には夢見ている淋しい独身女性。特に、生理の前後などは、こらえきれない下半身の疼きに、独り自分を慰める切ない毎日を送っていたのです。

 

 

そんな彼女の名は、能瀬沙織と申しました。24歳ながら専門職の彼女は、ふた回り年上の上司滝元修平のセクションに現在配属されています。57歳の修平には美人で評判な奥さんと、愛らしい二人の子どもがいます。幸せあふれる上司に対して、なぜか沙織は入社以来ことごとく逆らい、たてつく毎日。それというのも実のところ、沙織はひそかに修平に対して、淡い恋心を抱いていたからです。そして、そうした屈折した女心を修平は薄々気付いていました。

 

 

そんなある日のこと、上司と部下のふたりは、ひょんなハプニングをきっかけに、体の関係を結んでしまいます。当然ながら高慢ちきな沙織は、やがてセックスの快感に溺れ、ベッドにいる間に限って、人が変わったように素直で従順な「性奴」に変貌していきました。ところが、そんな彼女も、ひとつだけ「主」である修平に要求してきます。それは沙織を虜にさせている男性器の、更なるパワーアップ。経験が少ない割に、やや「緩まん」の沙織は、標準サイズのペニスに対して、常々不満を感じていたからです。さらに、それは家庭の幸せを壊さないことを交換条件に、愛人となった沙織が修平に求めた切ない要望でした。

 

 

このお話は、メンヘラゆえに激しい性欲に身悶えするモンスター部下と、一見クールでダンディな上司のペニス改造にまつわる秘密のエピソードです。高慢ちきでワガママな女性部下は、妻子ある上司との不倫関係に身を委ねた結果、生まれて初めてセックスの深淵を垣間見るのでした。

 

 

メンヘラの部下が密かに抱く恋心

きっかけは女性部下の秘密発覚

性行為を強要する女性部下入社2年目を迎えた沙織は、外見こそショートカットがよく似合う愛らしい女性社員です。けれど、専門職として採用された彼女は有能な反面、極端にプライドが高く、言葉遣いやその態度が常にとげとげしいために、職場の中ではかなり「モンスター」と呼ばれる存在でした。さらに拍車をかけたのは、化粧せずとも整った顔立ちを持ちながら、どぎついアイメイクを欠かさず常に「完全武装」していることです

 

 

そうした一見近寄りがたい怪物職員を、部下としてうまくコントロールしていたのが部長の修平です。それというのも、職場の誰も知りませんでしたが、彼だけは沙織が専務の一人娘であることを知っていたからです。けれど、傍若無人に見えるその態度が、親の七光りであることを、彼は周囲に打ち明けません。そのため、たとえ沙織が二回りも年上の修平に、臆することなく楯突いてきた時も、彼は平然とその苦情を聞き流しました。

 

 

そうしていたのは、沙織が専務の娘であるという理由からだけではなく、不思議とメンヘラ気味の彼女を愛おしく感じる瞬間があったのも事実。「たで食う虫も好き好き」とは申しますが、修平が立場をわきまえない沙織に惹かれていたのは、良妻賢母の妻と正反対だっからかもしれません。何事に付けそつなく、いつも穏やかな笑顔で送り出してくれる妻に、修平は正直、心苦しさに似た窮屈さを感じていたのです。妻と真逆で、ワガママ放題かつメンヘラの沙織に、彼は自虐趣味にも似た強い関心を抱いていました。

 

 

そんなある日のこと、修平はオフィスに忘れ物をしていることに気付き、慌ててセクションのあるフロアに戻ります。すでに、週末の社屋には警備員の姿しかありません。急いで忘れ物を小脇に携え、ドアのキーをロックしようとしたその時です。彼は沙織のデスクの下に、小さな黒いポーチが落ちていることに気付きました。普段なら私物の管理に抜かりはない彼女ですが、修平は何気なくその落ちているポーチに手を伸ばしました。

 

 

その途端です。ふいに電源が入ってしまったのか、「ブイーン、ブイーン」という電動の響きが手に小気味よく伝わってきました。「おやおや、これはマズい。すぐに電源を切ってあげなければ」そう考えた修平は、チャックを開けた途端、驚きで目を丸くします。彼の目に飛び込んできたのは、なんと小振りの「電動バイブ」。しかも、それが女性が愛用するオナニー専用の電動バイブであることを、駿平はひと目で気付いたからです。

 

 

熟年上司に抱く密かな恋心と情欲

見てはいけないものを見てしまった修平は、バイブがしまってあるポーチを抱え、その場でしばし思案に暮れます。その時です。彼の背後にあるドアが、急にガチャリと開き、息せき切って走ってきたであろう沙織が、ふいに目の前に現れました。そして、沙織は口に手を当てたまま呆然と立ちすくむと、「あっ」と声を漏らします。「部長!、そのポーチ、私のです!」そう口ずさむ沙織の顔は、次第に蒼白になり、やがてぼろぼろ涙をこぼし始めました。その涙の理由が、痛いほど彼には分かってます。何も言わず、俯いたまま声も出さずに泣いている沙織の肩に、修平はそっと手をかけながら「スイッチが入ってしまって、止めるしかなかったんだ」と優しく声をかけました。

 

 

そして次の瞬間、灯りの消えたオフィスの片隅で、修平は両手で沙織を抱きしめ、そのまま唇を交わしました。もちろん、先に抱きついてきたは沙織の方です。電動バイブを何の目的で持ち歩いているかなんて、今更聞くまでもありません。警備員は、すでに階下の管理室に戻っている時間です。修平と沙織は、そのままカーペット敷きのフロアーに横たわり、互いに下半身の下着だけ外すと、避妊具も装着せず、それが当然のように激しく交わり始めました。生理が間近な沙織は安全日であることを自覚しており、程なく修平の体液を体の奥に受け止めます。高慢ちきでメンヘラな沙織は、生理間近で昂ぶる体のうずきを鎮めるために、その時期はいつも電動バイブを携帯していました。よりによって、それを密かに恋い焦がれている修平に見られてしまったことで、沙織は張り巡らせていた心のガードをすべて取っ払ってしまったのです。

 

 

情欲を満たす手段は亀頭改造

満たされない情欲はその太さ

彼のペニスに幻滅する女性さすがに妻帯者である修平の性技は、初めの内こそ沙織を十分満足させるものでした。けれど、逢瀬を重ねる内に、彼女は修平の男性器に物足りなさを感じ始めます。その理由は明白。男性器全体の太さと、亀頭のカリ首が平坦なのです。さらに、問題に拍車をかけていたのが、沙織のユルユルな膣そのものの構造。性体験はさほど多くもないのに、彼女は生まれつき標準より緩めの膣の持ち主。彼女がマンションで愛用しているいる大人の玩具「ディルド」は特大であり、激しく膣壁をえぐってくれたのです。

 

 

人並みサイズのペニスのせいで、沙織の満たされない情欲は益々募っていきました。とんなに修平が激しく腰を振って貫き続けても、スカスカの交わりでは、彼女の有り余る淫欲を満たすことなどできません。とうとう彼女は、額に汗を吹き出しながらピストンを続けている修平に言い放ちます。「部長、そんなに細くて貧弱なペニスじゃ、私はちっとも感じません!今すぐ、どうにか改善して下さい!」。平然と言い放つモンスターの不満に、たちまち彼のペニスはそのまま縮こまり、膣口からポロリと抜け落ちました。うなだれた修平は、翌日、沙織に促され、無理矢理泌尿器治療の専門病院に連れて行かれたのです。

 

 

亀頭改造でペニスのパワーアップ

美容整形外科医の担当医が施術する修平と沙織は、まずカウンセリングルームに通されました。すぐに沙織は、経験豊富な専門医に、洗いざらいセックスの悩みを打ち明けます。修平のペニスが標準以下のサイズしかないため、挿入行為でエクスタシーを感じられないことを、彼女は臆することなく赤裸々に告白します。患者である修平と沙織の訴えに、ひと通り耳を傾けていた担当医は、修平だけ診察室に移すと、直接問診を開始。間もなく触診や診察を終えたドクターは、診察室に改めて二人を呼び入れると、次のような治療方針を告げました。

 

男性器のサイズアップと治療法

  1. 診察結果と治療方針
    問診の結果、修平のペニスは長さが短い上に、太さも平均的なサイズ以下。何より亀頭のカリ首が平坦なために、現状では沙織の女性器に強い刺激を与えることは難しい。
  2. 治療のメリット
    亀頭部分に「ヒアルロン酸」など安全で自然な薬剤を注入することで、サイズアップと固さを実現する方法がベスト。この治療法の利点は次の通り。・見た目が良くなり張りと固さが生まれる。
    ・精度の高いヒアルロン酸は、ほどよい固さと弾力を作り、パートナーの女性にもすこぶる優しい。
    ・カリ部分がサイズアップすることで包茎予防にも役立つ。
    ・ヒアルロン酸を注入することで刺激に強くなり早漏防止も。
  3. 治療方法と内容
    治療そのものは「日帰り」で済む上に、時間もおよそ20分程度。プライバシーに配慮した上で、土日も治療が可能であり、勤め人には至って好都合。何より施術は、臨床経験豊富な形成外科医であり美容外科医でもある専門医が行うので、安心この上なく、美しい仕上がりが実現。

 

 

担当医による丁寧な説明は、不安を感じていた修平を心から安心させ、ヒアルロン酸注入によるペニス改造を決断させます。彼は施術の日を改めて予約し、やがて、オペは無事成功します。生まれ変わった修平の亀頭は、張りといい形と言い、以前とは比べものになりません。それからさらに数日後、担当医の許可を得た二人は、術後初めてベッドを共にしました。その結果は、もちろん言うまでもありません。サイズアップした亀頭は、沙織の緩い膣壁さえも存分に押し広げ、カリ首が敏感なGスポットをピンポイントで刺激しました。沙織の愛液で濡れそぼったペニスの先端は、見まごうほどの艶と光沢を放っています。

 

 

こうして、わがままでメンヘラ気味の部下沙織の要求は達成されました。ところで、ペニス改造は思わぬ余波を引き起こします。それは修平の妻まで変貌させたことです。二人の子供はすでに成人し、「夜のおつとめ」など極端に減っていた熟年夫婦にとって、サイズアップした男性器は思わぬ事態を引き起こします。もともとセックスそのものを敬遠していた50半ばの妻が、突如「性の喜び」に目覚めてしまったのです。ただし、間もなく還暦を迎えようとしている修平にとって、若い沙織と妻の両方を相手するのは体力的に至難の業です。けれど修平は、これからも妻と沙織の二人にせがまれ、生まれ変わった「宝刀」を存分に振るっていくしか他に方法はありません。

 

 

みなさんが、もしもペニスのサイズや形でお悩みなら、ぜひ一度泌尿器治療の専門病院を訪ねてみて下さい。経験豊富で、確かな技術を持った専門医が、きっとあなたのそのお悩みを解決してくれるはずです。ぜひご検討下さい。

 

 

 

 

 

亀頭改造について、さらに詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

 

« 亀頭強化・亀頭増大・早漏防止に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る