泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOMEホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事 | MTFのホルモン注射とは?効果や副作用・値段を詳しく解説

2021.08.10
MTFのホルモン注射とは?効果や副作用・値段を詳しく解説

 

自身がMTFであると感じている人の中には、ホルモン療法について耳にすることがあるでしょう。MTFの治療法として選択されるホルモン療法には、期待できる効果や副作用があります。

 

この記事では、MTFのホルモン療法を希望する方に向けて、ホルモン療法の概要や効果・値段を詳しく解説します。ぜひチェックしてください。

 

MTFとは?どのように診断される?

まずは、MTFの定義や診断方法について見ていきましょう。MTF・性同一性障害と診断され、治療が必要だと判断されれば、外科的治療やホルモン療法を受けることができます。

 

MTFの定義

MTFとは“Male To Female”の略で、直訳すると「男性から女性へ」を意味します。詳しく解説すると、生まれながらの性(身体的性)が男性であるにもかかわらず、心の性(性自認)が女性である人のことです。身体的性と性自認の不一致が見られることに加え、女性として生きることを望んでいる人はMTFに分類されます。

 

MTFの診断

MTFの診断=性同一性障害の診断を受けることとなります。性同一性障害の診断は「精神的な診断」「身体的な診断」「治療の必要性に関する診断」を受けなければなりません。

 

精神的な診断を行うのは精神科医です。本人や家族の話を通して『心の性』を判定します。さらに、精神状態を判断し、身体的治療が必要かどうかの診断が行われます。次に身体的な診断が行われます。身体的な診断は産婦人科医や泌尿器科医により、性器や性染色体・ホルモンなどの検査を行い、『生まれながらの性』を確定します。

 

精神的な診断で確定した『心の性』と、身体的な診断で確定した『生まれながらの性』が一致していなければ、性同一性障害です。性同一性障害と診断された上で、様々な医療的見解から治療の可否が決定します。

 

MTFのホルモン注射について

ここからは、MTFのホルモン注射について詳しく解説します。ホルモン療法を希望している方は、ぜひチェックしてください。

 

女性ホルモン注射

MTFの場合は性同一性障害の治療法として、女性ホルモン製剤を使用したホルモン療法が行われます。エストロゲンまたはプロゲステロン製剤を使用し、筋肉注射や錠剤から摂取します。

定期的に検査を行いながら、適切な投与量や頻度を探っていくことが大切です。

 

注射の頻度

注射の頻度は使用するホルモン製剤やホルモン量によって異なりますが、1〜2週間または2〜3週間に1回のペースです。年齢や体調など、個人差によっても注射頻度が異なります。

 

期待できる効果

女性ホルモンを注射することによって期待できる効果は以下の通りです。

 

  • 乳房の肥大化
  • 髭や体毛が薄くなる
  • 頭髪量が増える
  • 声の高温化
  • 筋肉量の減少
  • 肌や体型が女性らしくなる
  • 脂肪の分布 など

 

全体的に女性らしい体つきへと変化することが期待できます。効果の発現には個人差があることに加え、上記の効果全てを得ることができるとは限りません。

 

起こりうる副作用

女性ホルモン注射によって起こりうる副作用は以下の通りです。

 

  • 血栓症
  • 肝機能障害
  • 頭痛、めまい
  • 乳がん
  • 精巣や前立腺の萎縮
  • 性欲の減退
  • 生殖機能の喪失 など

 

乳がんは女性ホルモンとの関わりが大きいと言われています。そのため、女性ホルモンを投与することによって乳がんを生じる可能性はゼロではありません。

しかし、男性が乳がんを患うリスクは非常に低く、女性ホルモン療法を行うMTFの乳がん発病も極めて稀だと言われています。

その他の副作用を早期に発見するためにも、ホルモン療法を受けている間は定期的な検査をすることが大切です。

 

ホルモン注射の値段について

女性ホルモン注射を受けるためには、クリニックの初診料・ホルモン注射料・各種検査料が必要です。ここでは、ホルモン注射にかかる費用について詳しく解説しましょう。

 

MTFホルモン注射の相場

MTFのホルモン注射の相場は、2,000〜5,000円前後です。使用するホルモン製剤によって値段は上下します。

AMORE CLINICでは、プロギノンデポー10㎎を1本3,300円で購入することが可能です。また、10本のまとめ買いでは1本あたり2,750円、20本のまとめ買いでは1本あたり2,200円と、お得なまとめ買いができます。

錠剤の場合は、1ヶ月5,500円から利用ができます。

当院で取り扱っている薬剤の種類や詳細に関しては、お気軽にお問い合わせください。

 

保険は適応される?

残念ながら、GIDと診断された場合であってもホルモン療法は保険適応外です。(2021年6月現在)

また、性別適合手術を行い戸籍を変更した場合でも保険適応されるか否かは非常に曖昧なラインだとされています。身体的な変化を希望するMTFにとってホルモン注射はなくてはならない治療です。

経済的な負担をできるだけ軽減させるためにも、AMORE CLINICではホルモン注射のお得なまとめ買いを推奨しています。

 

MTFホルモン注射のQ &A

ここからは、MTFホルモン注射に関する疑問やお悩みにお答えします。ホルモン注射を検討している場合は、ぜひチェックしてください。

 

Q.ホルモン注射の投与量で効果は変わる?

体が一度に受け入れることのできるホルモン量は決まっています。過剰に投与をしたからといって、その分早い効果が出るわけではありません。過剰なホルモン投与は、身体へのダメージも大きくなってしまうため、AMORE CLINICでは患者様の身体に合わせた量で投与を行なっています。

 

Q.MTFの治療はホルモン注射以外もある?

記事の中でも解説したように、ホルモン療法はホルモン注射とホルモン剤(錠剤)の2種類があります。また、ホルモン療法以外の治療法として、外科的治療(睾丸摘出・陰嚢切除・性別適合手術・豊胸術など)を選択することも可能です。

外科的治療は、性同一性障害の診断が必要となります。診断書をお持ちの方はスムーズの治療へ移行することができますが、AMORE CLINIC提携の精神科医診断のもとで診断書を発行することも可能です。

まずはご相談ください。

 

Q.寿命が短くなるって本当?

寿命が短くなると聞くことがあるかもしれませんが、一概には言えません。その理由として、長期間ホルモン療法を行なった場合の影響に関する研究が行われていないためです。さまざまな研究者による意見がある中で、ホルモン療法のプラス面・マイナス面を総合的に評価することは難しいと言えます。

 

どの程度の効果が期待できますか?

女性ホルモン注射による効果は、上記で解説した通りです。

効果がどの程度出るのかという点は、年齢や状況によって個人差があります。短期間で大きく身体が変化する場合もあれば、長期間をかけてゆっくりと変化する場合もあります。

効果に関して疑問点がある場合は、お気軽にご相談ください。

 

筋肉注射は痛いですか?

インフルエンザなどのワクチンは同じ筋肉注射です。痛そうなイメージがあるかもしれませんが、痛みの大きさは個人差があります。

皮下脂肪の奥にある筋肉部分に注射をする方法で、特別に痛みが強くでるものではないと言われています。注射後はマッサージをしてほぐすといいでしょう。

 

女性として生きるお手伝いを。

AMORE CLINICでは、ホルモン療法や睾丸摘出・陰嚢切除など、MTFの方が女性として生きるお手伝いを行っています。疑問や不安がある方は、お気軽にご相談ください。

自分らしく生きていくために、勇気ある一歩を踏み出しませんか。

« ホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る