泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOMEホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事 | MTF・性同一性障害とは?定義や特徴・治療法を詳しく解説

2021.08.07
MTF・性同一性障害とは?定義や特徴・治療法を詳しく解説

一般的にトランスジェンダーに分類されるMTF(Male To Female)やFTM(Female To Male)は、場合によって性同一性障害(GID)と診断されることがあります。この記事では、MTFの定義や特徴、治療法などを詳しく解説します。MTFであることから悩みを抱えている方は、ぜひチェックしてください。

 

MTFとは?

MTFとは“Male To Female”の略で、直訳すると「男性から女性へ」を意味します。詳しく解説すると、生まれながらの性(身体的性)は男性であるものの、心の性(性自認)は女性である人のことです。さらに、女性として生きることを望み、それに伴う治療を受けたいと考えている人を指します。生まれながらの性(身体的性)と心の性(性自認)が異なるのがMTFの特徴です。

 

日本では男性か女性かという2つの分類で性別を表す機会が多いため、生まれながらに割り当てられた性別の頭文字を前に置き、自認している性別の頭文字を後ろに置くことで「MT◯」「FT◯」と表現します。

 

MTFは性同一性障害?

性同一性障害(GID)とは医学的な診断ですが、身体的性と性自認が一致せずに苦痛を伴っている状態を指します。男性として生まれ、女性として生きるために様々な治療を受けたいと望んでいる人は性同一性障害に分類されることがあるでしょう。

特に、MTFとして治療を受けたい場合は医学的な診断を下す必要があるため、様々な検査を踏まえた上で「性同一性障害」と診断される場合がほとんどです。

 

トランスジェンダーとの違い

トランスジェンダーとは、生まれながらの性(身体的性)と心の性(性自認)が一致しない人を指します。
トランスジェンダーについて理解を深めるために、人間のセクシュアリティに関係する4つの要素を見ていきましょう。

 

  1. 身体的性:生まれながらの性別(外性器や内性器など)
  2. 性自認:心の性別(自分の性別に対する自分自身の認識)
  3. 性的指向:好きになる相手の性別(恋愛や性愛の対象)
  4. 性表現:自分が表現する性別(話し方や服装・振る舞いなどの社会的性)

 

トランスジェンダーとは、身体的性と性自認が一致しない人のことを指しますが、トランスジェンダーの中には心の性に合わせて生きることを望まない人もいます。つまり、「男性として生まれ、心の性は女性だけど、女性として生きたいとは思わない」というケースもあるということです。MTFは、心の性に合わせて手術やホルモン療法を受けたいと望んでいる人を指します。

 

トランスジェンダーは上記のような場合も含めて、幅広い範囲で使われる言葉です。トランスジェンダーを詳細に分類したものが「FTM(身体的性は女、性自認は男)」や「MTF(身体的性は男、性自認は女)」だということになります。

 

MTXとの違い

トランスジェンダーには、MTF・FTM・MTX・FTXなどの分類があります。MTFやFTMについては世間に浸透することが多くなりましたが、FTXやMTXなどはよく分からないという方も多いでしょう。

ここで記される「X」とは、Xジェンダーを意味します。Xジェンダーとは、性自認が男性でも女性でもないセクシュアリティです。「身体的性は男性だけど、女性かと言われればしっくりこない…」など、自身の性を男性や女性に分類することができない人をXジェンダーと呼びます。つまり、FTXとは生まれながらの性別は女性であるが心の性別は男性でも女性でもない人を指すため、MTFとは異なるのです。

 

MTFへの理解

前述した通り、日本では男性か女性という2つの分類で性別を判断する状況がほとんどです。セクシュアルマイノリティ(性的少数派)に関する理解も進みつつありますが、外国と比較するとセクシュアリティの多様性の受け入れは不十分だと言えます。セクシュアルマイノリティの人からすると、まだまだ生きづらい環境です。

 

しかし、近年では男性や女性以外の項目を選択できる場面も増え、セクシュアルマイノリティの受け入れは少しづつ進んでいます。
MTFをはじめ、LGBTQ +として生きることは何もおかしいことではありません。セクシュアリティの選択肢は幅広く、多様性を持つことが当たり前なのです。

「男性として生まれたけど、女性として生きたい」と望むMTFの方は、選択できる治療法がいくつか存在します。治療法などを選択しながら、自分らしく生きる方法を模索していきましょう。

 

MTFの治療法

MTFの治療法は大きく分けて4つあります。ここでは、4つの治療法について詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

 

ホルモン注射

ホルモン注射は、性同一性障害で選択されるケースが多い治療法です。MTFの場合は、女性ホルモン製剤を筋肉注射によって取り込みます。AMORE CLINICでは、エストロゲン製剤を使用しています。ホルモン療法によって期待できる効果は以下の通りです。

 

  • 乳房の膨らみ
  • 髭や体毛が薄くなる
  • 体脂肪の分布
  • 筋肉の減少
  • 勃起障害
  • 肌の女性化 など

 

上記のように、ホルモン注射をすることで女性らしい体つきへの変化が期待できます。注射の頻度は個人差がありますが、一般的には2〜3週間の1回のペースで行うことが多いでしょう。

 

睾丸摘出手術

男性器の1つである睾丸を摘出する手術です。女性として生きたいと望むMTFでは、男性器に嫌悪感を抱く方は多いでしょう。そういった方(性同一性障害の診断を受けた方)は、睾丸摘出手術を受けることができます。睾丸摘出手術によって期待できる効果は以下の通りです。

 

  • 見た目の変化(スッキリとした股間へ)
  • 精子の生産がストップ
  • 精巣からの男性ホルモン生産がストップ

 

スッキリとした見た目だけでなく、精巣からの男性ホルモン分泌がストップするので、女性ホルモン療法で思うような効果が得られない方にも推奨したい治療法です。また、睾丸が摘出された後の陰嚢は縮んだ状態になりますが、お風呂などの暖かい環境では垂れや伸びが気になるケースもあります。股間をスッキリさせたい場合には、陰嚢切除手術を希望することも可能です。

 

AMORE CLINICでは、睾丸摘出・陰嚢切除手術を行っています。今後の膣形成などを考慮した上で、最適な手術方法を選択しますのでぜひご相談ください。

 

豊胸術

女性らしいふくよかな胸を形成したい場合は、豊胸術を選択することができます。豊胸術では、自然に女性らしい胸を作ることができるため、より女性らしい体つきを希望する方に向いている手術です。豊胸術には様々な方法があるため、まずはご相談ください。

 

性別適合手術

性別適合手術(SRS)は、身体的性と性自認を一致させるために行う手術で、性転換手術とも呼ばれています。性器の手術を指し、MTFの場合は精巣(睾丸)摘出手術・陰茎切除術や、造腟術・外陰部形成術を行います。

外科的な手術で身体的な負担は大きくなりますが、男性から女性へと性別を変化させることが可能です。

 

自分らしく生きるためのお手伝いを

AMORE CLINICでは、MTFの方を対象に「睾丸摘出・陰嚢切除手術」「ホルモン療法」「豊胸術」を行なっています。

 

  • 男性として生まれたけど、女性として生きたい
  • 女性らしい体つきになりたい
  • 少しでも性表現を女性に近づけたい

 

上記のように、「身体的性は男性でも、女性として生きていきたい」という方は、ぜひ一度ご相談ください。セクシュアリティの多様性は、人間の守られるべき権利です。AMORE CLINICでは、あなたが自分らしく生きていくためのお手伝いをします。不安や心配を抱えている方には真摯に向き合いますので、まずはお気軽にご連絡ください。

« ホルモン注射・睾丸摘出・MTFに関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る