泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐのアモーレクリニック

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

MENU

新着情報
news & topics

アモーレクリニック HOME性病に関する記事 | 「性病感染」油断は大敵!原因のデリヘル嬢は元教え子!!

2021.05.31
「性病感染」油断は大敵!原因のデリヘル嬢は元教え子!!

風俗嬢との性行為は極めて危険です新型コロナウィルスが蔓延して以来、困窮する女性の悲惨な現状が、たびたびマスコミに取り上げられています。何もそれは成人女性に限った話ではなく、10代の、しかも現役の大学生の間でもほぼ同様です。今まで当然のように見つけられたアルバイトの求人広告が、パタリと減ってしまったのも原因の一つ。本来ならば、決して手を出すことがないような「風俗」の仕事にも、やむを得ず手を染めている未成年の女子大生が、現在ごまんといるようです。

 

さて、これからご紹介するお話は、デリヘルが三度の飯よりも大好きな、中年教員田原豊三のお話です。数学教師の田原は既婚者ですが、「超」の付くほどの「ドエロ教師」。セクハラ・パワハラは何でもござれと言った、いわゆる「超問題教師」。仕事が終われば風俗店に直行し、若いコンパニオンと淫らな「おふざけ」に耽る毎日を過ごしています。そんな田原が、最近夢中になっているのが「デリヘル遊び」。馴染みのラブホテルにお気に入りのデリヘル嬢を呼び出しては、束の間の逢瀬を楽しんでいました。

 

 

そんな田原が、偶然ホームページからピックアップしたデリ嬢が、見た目もウブで清楚な「穂菜美」19歳です。彼は早速お店に電話を入れ、2時間コースで穂菜美をキープします。股間を膨らませ待っている田原の元に、彼女は予定通りデリバリー。ところが、目の前に現れた愛らしい女子大生は、何という運命の巡り合わせでしょう。穂菜美は、まぎれもなく田原の中学時代の教え子でした。互いに困惑する二人でも、そこは「鬼の田原」です。結局、2時間の「ロングコース」で、教え子との性行為を存分に堪能します。しかも、掟破りの「生ハメ」を楽しみながら。

 

元教え子のデリヘル嬢と、現役教師のトホホなお話を、これから読者のみなさんにご紹介致します。

 

数学教師はデリヘル遊びに夢中

三度の飯より風俗好きな数学教師

いやしくも「聖職」と称される教師の田原は、普段から仕事そっちのけで、もっぱら「生殖」活動に夢中の半グレ先生。ピンサロ、ソープランドなど何でもござれ、といった有様でしたが、現在はデリヘル遊びに夢中です。そんな田原も一応既婚者で、二人の娘がいる父親。上の娘は成人し、次女は高校2年生。けれど、田原のお気に入りは、次女と同年代のピチピチギャルばかり。

 

 

最近仕事そっちのけで、デリ店のホームページとにらめっこの田原は、ある日ご贔屓にしている馴染みの店舗に、まさしく「どんぴしゃ」のデリ嬢を発見します。名前は「穂菜美」。年齢は19歳の現役女子大生。風俗勤務の経験はこれまで全く無く、デリヘル店の出勤もその日が初日という、まさに「プレミアム嬢」。股間を膨らませながら、期待に胸ときめかせる田原は、速攻で彼女を予約しました。

 

 

現れたデリ嬢は美人な元教え子

指定したラブホに先に到着すると、田原はひとりシャワーを浴びて、入念に股間を洗い流します。使い込んだ男根は黒光りしていて、百戦錬磨の遊び人として風格も十分です。ところで、風俗遊びの経験こそ長年積み重ねてきてはいますが、田原の自慢はこれまで一度もSTD(性感染症)に苦しんだことが無いことです。それというのも、風俗嬢と遊ぶ時には、必ずコンドームを装着するのを忘れません。その「鉄則」を頑なに守ってきたからこそ、田原はこれまで一度も、性病感染の憂き目に遭わずに済んできたのです。

 

 

やがて、予約した時刻が5分ほど過ぎた頃、玄関からチャイムの音が「ピンポーン」と鳴り響きます。期待に胸弾ませながらドアを開けた途端、目の前に現れた「穂菜美」の姿に、田原は思わず言葉を失いました。俯きがちに佇むデリ嬢穂菜美は、ナチュラルなロングの黒髪がいたって似合う清楚な美女。まさに、エロ教師田原のこのみにドンピシャなデリ嬢です。

 

 

けれど、顔を上げた彼女の面立ちを見て、田原は口をぽかんと開けたまま、唖然として立ちすくみます。「あれ、お前は?」、その一言に、顔を上げた穂菜美もびっくり仰天。彼女は数学教師田原にとって、忘れられない印象深い教え子だったのです。玄関口で、しばし二人は呆然としながら互いに固まりました。ただ、いつまでもそうしているわけには参りません。慌てて彼女を室内に引き入れ、ぎごちない世間話に花を咲かせます。田原も穂菜美も、互いの素性をすっかり思い出し、ばつの悪さといったらありません。

 

 

ベッドの端に腰掛けたまま、穂菜美は俯いたままですが、とりあえずお店には「2時間ロングコース」とだけ電話連絡を入れました。デリヘル遊びに手を染めて以来、こんなばつの悪い偶然は、田原にとっても初めてのこと。互いの身元もすっかりバレている以上、身動きが取れなかったのです。ところが、遊び人の田原が、それで済むはずはありません。傍らに俯くデリ嬢穂菜美は、エロ事師田原にとって、喉から手が出るほどの上玉です。結局、彼は誘惑に負け、それから2時間ロングコースで、教え子穂菜美の体を堪能したことは言うまでもありません。

 

 

掟破りの生ハメで悲惨な性病感染

数学教師は掟破りの生ハメ好き

無防備な性行為で股間はピンチ言い忘れましたが、穂菜美はあまたいる卒業生の中でも、トップを争うほどの美形の少女。同僚教師の間でも、彼女の将来を楽しみにしている若手教師がわんさかおりました。そんな穂菜美がデリ嬢に身をやつしたのも、このコロナ禍が原因です。学費を捻出するため、やむなく風俗嬢として勤務し始めた彼女にとって、まさに最初のお客が、恩師の田原だったというわけです。

 

 

ところが、「学校一番の美女」と噂された穂菜美を裸にして、中年親父の田原は、すっかり舞い上がってしまいます。本来してあげるべき「前戯」などほとんど省略し、田原はすぐに正常位で交わると、延々2時間、正常位や後背位、騎乗位と体位を変えながら、スタイル抜群の穂菜美の裸体を責め続けました。しかも、いつもなら必ず挿入時に外すことのないコンドーム田原は「守りの切り札」である避妊具を、穂菜美の許可無く勝手にむしり取ると、生身のペニスのまま延々交わってしまったのです。

 

教え子から味わう悲惨な性病感染

中年教師田原のまぶたに異変が現れたのは、穂菜美とセックスしてから、ちょうど1週間が過ぎた頃のことです。結膜が赤く充血し、炎症を起こしているだけではなく、白いクリーム状の目やにがどろっとにじみます。未だかって経験の無い眼球の異常に、田原は慌てて眼科に駆け込みました。

 

 

ところが、眼科のドクターは、すぐ泌尿器治療の専門病院を受診するよう彼に勧めます。ご推察通り、田原が感染したのは性病だったのです。しかも、泌尿器専門病院で下された病名は「淋菌性結膜炎」。原因は、もちろん教え子穂菜美との「生ハメ」以外思い当たりません。性病感染を予防するコンドームを外して、思う存分セックスを堪能してしまったばちが、田原の股間を襲ったのです。

 

 

専門医から助言を受ける患者ただ、経験豊富な担当医は、性病治療のプロフェッショナル。ドクターは、数学教師の田原に向かって、次の通りいくつかアドバイスを与えます。

 

 

泌尿治療専門医のアドバイス

  1. 不特定多数の女性と性交渉することは、性感染症のリスクが極めて高いので、危険きわまりない。
  2. 妻帯者が妻以外の女性とセックスすることは、家庭内感染を引き起こし、最悪の場合は離婚するケースも見られる。
  3. 性病を予防するには、コンドームなど避妊具使用が鉄則。生身で男性器を女性の膣に挿入するなど自殺行為。一時の快楽に身を任せると、後々後悔するハメに。

 

 

主治医の助言に、さすがの遊び人田原もがっくりうなだれました。その後、点眼薬と内服薬を処方され、点滴治療を済ませた彼は、とぼとぼ家路を辿ります。

 

 

ちなみに、田原が前回利用したデリ店のホームページから、穂菜美の画像が削除されていたことを、彼はまだ知りません。実は、付き合っているボーイフレンドに、穂菜美が気付かぬ内に、うっかり淋病を感染させられていたようです。その結果、田原以外に、穂菜美とセックスした何人かの男性客から、デリ店はかなりクレームを受けました。美人デリ嬢穂菜美が、即刻解雇されたのは無論です。

 

 

妻以外の女性と性行為に及ぶ時には、絶対に油断をしてはいけません。どんなに外見はウブで清楚に見えたとしても、彼女の股間にある女性器に、ひっそり巣食う性病ウィルスは見破れません。ゆめゆめコンドームを外してセックスなどしませぬよう、ご忠告する次第です。

 

 

 

より性病について、詳細が知りたい方はこちらへ
↓↓

« 性病に関する記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • ご予約・お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせ

※ 電話受付時間が短縮の日もあります。

各種医療ローン・クレジットカード
・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る