泌尿器科・形成外科・包茎手術・性病治療・早漏治療は名古屋市中区「栄駅」すぐの栄セントラルクリニック

包茎手術の栄セントラルクリニック 名古屋
  • 夜間も対応 10時-24時
  • 栄駅 通徒歩3分
  • 完全予約制
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • tel:0120763418
  • tel:0529503900

新着情報
news & topics

栄セントラルクリニックHOME新着情報 | あなたはどのタイプ?包茎の3つのタイプ

2019.11.17
あなたはどのタイプ?包茎の3つのタイプ

日本人の成人男性の約7割が包茎だと言われていますが、近年パートナーへの配慮や見栄えがいいなどと言った理由で包茎治療の関心が高まっています。
なので包茎治療を行うことによって得られるメリットやデメリット、包茎の種類から包茎治療に関する治療費の相場についてまでまとめてみました。

↑↑ 栄セントラルクリニック 包茎手術のページ ↑↑

あなたはどのタイプ?包茎の3つのタイプ

・仮性包茎

日本の成人男性の7割がこの仮性包茎だと言われています。

仮性包茎は、平常時は亀頭に皮が被っていますが、勃起時には亀頭を出すことができます。

軽度の仮性包茎ではほとんど治療は必要がありませんが、見栄えや衛生面などの点でコンプレックスを抱く人も多いです。

・カントン包茎

亀頭の露出はできますが、皮の先が狭い事から時には痛みを感じたりするのがカントン包茎です。

皮の先が狭いため締め付けられるような感覚があったり、勃起時に強い痛みを伴う事があります

また、くびれ部分の締め付けにられることによって、亀頭部分が赤紫色に腫れそのまま放置しておくと壊死に至る事があるので早期の治療が必要です。

・真性包茎

平常時も勃起時も、包皮に覆われている状態で亀頭を露出するのが困難なのが真性包茎です。

尿道口が包皮で覆われているので、恥垢が溜まりやすく性感染症や様々なリスクが付きまといます。

平常時、勃起時ともに亀頭を露出することができず、不衛生な状態であることも多く、性行為時にはパートナーへ不快感を与える可能性があります。

また、包皮の内部が炎症を起こすことで癒着が起こる可能性がある為、早期の治療が必要になります。

包茎の治療方法から施術後までの流れ

・亀頭直下埋没法

現在の包茎手術の中でも最も優れた手術法です。

亀頭直下埋没法の特徴としては施術後の傷跡が目立たず、よりキレイな仕上がりが期待できます。

亀頭の直ぐ下にある環状溝と呼ばれる場所に切除した部分を隠し、細い糸で縫合していきます。

・環状切除術

従来の包茎手術法です。

価格は亀頭直下埋没法と比べるとリーズナブルですが、仕上がりに関しては亀頭直下埋没法より劣ります。

施術後は約5日間で退院が目安

日帰り以外での治療をお考えの方に向けて、治療後から退院までの流れをまとめてみました。

・入院1日目

治療に関して、医師から麻酔や飲食についての説明がありますので、医師の指示に従いましょう。

・入院2日目

手術の開始時間は前日にあらかじめ伝えられます。

施術後、あまりに痛みがひどい場合には痛み止めを処方されますので必要に応じ、服薬してください。

・入院5日目

朝に医師の回診を受け、問題がなければ晴れて退院となります。

後述しますが、退院となっても行動に制限があるので医師の指示に従いましょう。

施術後の注意点

・シャワーはOK、入浴はNG

施術後は、傷口からの細菌感染を防ぐため、入浴はNGとなっています。

医師の許可が下りるまでは、体の汚れをシャワーや濡れタオルなどで落としましょう。

・激しい運動、性行為はできるだけ避ける

施術後の患部は、切開跡が完全に塞がっておらず、傷口が開く可能性があるため激しい運動や性行為やマスターベーションは控える必要があります。

何か止むを得ない事情がある場合は、医師に相談してみるといいでしょう。

包茎治療の値段と相場

 


※表は1日5名様までのプランです。問い合わせ必須。

引用元:栄セントラルクリニック

あるクリニックの包茎治療に要する料金表を参考に表をまとめてみました。

仮性包茎の治療なら5万円、カントン包茎の治療なら15万円、真性包茎の治療なら16万円という結果となりました。

健康保険が適用されるかどうかについては後述しますが、仮性包茎の施術以外は適用される医療機関がほとんどです。

包茎治療のオプションコース

 


包茎治療を行うにあたって、手術跡を目立たなくするようにするオプションコースなども用意されています。

詳しい内容は下記の通りです。
・施術時にナイロン糸か吸収糸かを選択できる

患部を縫合する際にナイロン糸か吸収糸かを選択できます。

ナイロン糸の特徴としては、高い強度を持っており施術後の仕上がりも良くなる傾向にあります。

しかし、後日抜糸が必要なため施術を受けたクリニックを再び訪れる手間が掛かります。

一方、吸収糸については体に害のない体内に溶け込む特殊な糸を使用して施術するので、
施術後も抜糸をする必要がなく、手間を省くことができます。

料金についてはナイロン糸よりも吸収糸の方が割高なのが一般的です。

包茎治療のメリットとデメリット

・性感染症のリスクを抑える事ができる

包茎は高温多湿の環境ができてしまうので、不衛生な状態を作り出すことが多く性感染症に感染するリスクが高まります。

ですが包茎治療を行うことで清潔さを保つことにより、細菌の感染リスクを低くする事が可能になります。

※恥垢:尿や精液が乾燥して固まった垢のこと。一般的には「チンカス」と呼ばれることも多い。

・亀頭部が露出されるので見栄えが良くなる

包茎によって隠れていた亀頭部が、治療によって露出されるので見栄えが良くなります。

仮性包茎であれば、日常生活を送るうえで支障をきたすことはないですが、ニオイや恥垢が溜まったり、外見の面でもコンプレックスに感じる人は少なくないです。

しかし、包茎治療を受ける事でそれらのコンプレックスは解消されるので、どこか後ろめたい気持ちがなくなり、自身を持てるというのも1つのメリットだと言えるでしょう。

・仮性包茎では健康保険が適用されない場合がある

包茎治療をするにあたって1つだけ注意をしておかなければいけないことがあります。

それは仮性包茎では健康保険が適用外になる可能性があるということです。

通常、医療費に関しては3割が自費というのが一般的ですが、仮性包茎に関しては全額自己負担になる可能性があることも頭に入れておきましょう。

包茎治療まとめ

包茎治療のオプションを含めた相場としては、仮性包茎なら自費で10万円~20万円ほど、カントン、真性包茎なら15万円~25万円の3割負担の金額で治療可能ということがわかりました。

不衛生さの解消や見栄えが良くなるなど、包茎治療に関心を持つ人が年々、増加傾向にあるようです。

しかし、包茎治療をするにあたって注意すべき項目は料金面よりも最新の手術法を取り入れているかどうかや、信頼できる実績があるかどうかが大事になってきそうです。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで予約受付中
  • tel:0120763418
  • tel:0529503900

各種医療ローン・クレジットカード・デビットカードご利用可

ページの先頭へ戻る